高山佳奈子(京都大教授) 

 2014年に私が個人ブログで公表した2013年の京都大学での給与明細について、2016年3月以降にいくつかのインターネット記事や掲示板のスレッドが公表されて多くの方々の注目を集めた。

高山佳奈子教授が公表した給与明細
高山佳奈子教授が公表した給与明細


 その過程でわかったのは、現在の国公立大学の状況、特に2004年4月以降の激変後の制度や実態が、大学関係者以外の方々にほとんど知られていないことである。こうした基本的な前提が共有されていなければ、給与の高低だけを論じてみても、それは誤解に基づく意見となってしまう。

 今般、こうした機会を与えていただいたので、社会に対し少しでも情報が提供できれば幸いである。あらかじめ簡単に申し上げれば、現在の国公立大学の制度は、私立大学にかなり近いものに変更されているため、数十年前のイメージで大学を語ると全くの誤解であることが多い。たとえば、私が法学部生であった1990年頃までは、東大法学部教授は週2コマの授業しか担当していないことが多かったが、2015年度の私の授業担当は次のとおりであった(これより多い年もある)。 

<前期>

 京都大学法科大学院 刑法必修科目

 京都大学法学部 刑法ゼミ

 京都大学研究者大学院 刑法ゼミ

 京都女子大学法学部 経済刑法

 名古屋大学大学院留学生コース集中講義 Comparative Studies in Criminal Law

 <後期>

 京都大学法科大学院 刑法必修科目

 京都大学法学部 刑法各論(週2コマ)

 京都大学研究者大学院 刑法ゼミ

 大阪国際大学グローバルビジネス学部 刑法

 すぐ後で触れるように、国公立・私立を問わず、大学では人件費削減が進められているため、少ない教員で多様な授業展開を受験生などにアピールするには、専任教員の負担を増やすか、非常勤講師によって充実を図るかを迫られることになる。どこの大学でも学生のためのサービスを単独で完備することは困難なので、相互扶助のしくみに頼らざるをえない。

 純粋に個人的なことを書かせていただくと、私自身はあまりお金を使わない生活を送っている。日常の買い物は食料品も含めてできるだけ100円ショップですませるようにしているし、外食もほとんどしない。友達付き合いもない。衣服は親族からのお下がりや20年前に就職したときに購入したものが多いし、今仕事で持ち歩いているバッグは大学生協で売れ残って値下げされていた690円のものである。車は持っておらず通勤には6000円の中古自転車を使用している。マンションのローンが残っているが、賃貸の場合よりも月々の支払い額は低くしている。ふだんの出費のうち最大のものは、東京にいる病気の親のもとに毎週通うための往復の新幹線代である。したがって、私自身は現在よりかなり低い収入でも生活できる。