朴道純(元全日本学生囲碁名人)


 「井山裕太の強さの源泉は何か?」というテーマで執筆依頼を受けたとき、真っ先に思い浮かんだのが「発想の豊かさ、斬新さ」だった。他の棋士なら何も気づかずに通り過ぎるような局面で手を止め、検討陣が考えもしなかった着手を放つ場面が1局に1回以上はある。打たれた当初は意図がわからなくても手順が進んでいくと隠れていた意味に気づかされることが多い。

 今年の1月21日に行われた第54期十段戦挑戦者決定戦のVS余正麒七段戦での一着、
 
 白1のケイマに黒2とツケたのは驚愕の一手(1図)。もし負ければ七冠達成が一気に遠ざかるという大舞台でも「自分が打ちたい手を打つ」という気迫が伝わってくる。師匠の石井邦生九段が井山に与えた「自由に、元気よく打ちなさい」というアドバイスがそのまま具現化したような手である。

 他人が引いたレールをなぞるのではなく、自分自身の力で道を切り開いていくという思想は盤外にも表れている。当時、小学四年生だった井山少年は自分で研究会を作ったのである。理想通りの環境を作るためには既製の研究会に属するのではなく、自分で立ち上げるべきだという事実に10歳の頃から気づいていたのだ。井山研究会にはたくさんの棋士たちが集まり、大成功。井山が少年の頃から実力と人格の両方を兼ね備えていたことがわかる。

 「自分が打ちたい手を打つ」とか「自分自身の力で道を切り開く」と口で言うのは簡単だが、実行するのは難しい。囲碁の対局には勝ちまたは負けと結果がはっきり出るからだ。勝つために日夜努力している棋士にとって対局の棋譜は自分の分身である。その棋譜に敗北というレッテルを張られることは自分自身を全否定されたことに等しい。負けを恐れるあまり、常識に従ったり、他人を模倣するなど、無難な道を選択してしまうことが多い。