囲碁でコンピュータが勝つのは、10年以上先のこと――。これが囲碁界の主な認識だった。従来のコンピュータはトッププロにハンディキャップをつけないと対等に戦えない実力で、アマ強豪といった棋力だった。

 囲碁は将棋やチェスに比べて盤が広いので、手順も長い。変化も、チェスが10の120乗、将棋が10の220乗に対し、囲碁は10の360乗。将棋より140コも多くゼロがつく桁数も変化があるということだ。また、駒の動きが決まっているチェスや将棋に比べ、囲碁は石の価値が状況や場面ごとに変化していき、コンピュータに認識させにくい。

 そんな背景があり、チェスや将棋のトッププロがコンピュータに負けても、囲碁はまだまだ、と思われていたのだ。

 ところが……。

 2016年3月9日~15日。世界チャンピオンを何度も獲得した韓国の棋士・李世ドル(イセドル)九段(33)と、米グーグルグループ・ディープマインド社製AI(人工知能)「AlphaGo(アルファ碁)」の五番勝負が行われ、なんと、AIが4勝1敗で勝ち越したのだ。
 この衝撃的な状況を、囲碁界はどうとらえているのか。碁界を代表する“レジェンド棋士”5人に話を聞いた。

【日本棋院の元副理事長 小林光一名誉棋聖・名誉名人・名誉碁聖(63)】

「こんなに速く、強いソフトが誕生するとは驚きです。ここ10~20年はたいして進歩していませんでした。僕が生きているうちは無理だろうと予想していたのですが……。

 碁は変化が無限大。一局一局違う未知の世界。一手ごとに状況や形勢がかわるほど、価値判断も難しい。対局していてもわからないことだらけ。なので、碁界ではAIが碁に最適というのは昔から言われていました。

囲碁ソフト「アルファ碁」に5回戦の第4局で初勝利を収めた韓国人プロ棋士、李世●(石の下に乙、イ・セドル)九段(手前右)=3月13日、ソウル (グーグル提供・共同)
囲碁ソフト「アルファ碁」に5回戦の第4局で初勝利を収めた韓国人プロ棋士、李世●(石の下に乙、イ・セドル)九段(手前右)=3月13日、ソウル (グーグル提供・共同)
 コンピュータとの対戦は、相手がいるようでいない。気合いが入りにくい状況です。とくに李世ドル九段は、実戦派で、相手との駆け引きに長けている天才。世界のトップ棋士の中で、李世ドル九段が一番、コンピュータが苦手なのでは。もっと学究肌タイプの棋士ならいい勝負をしたのではないかと思います。

 各マスコミが大々的に報じて、社会的にも話題になった。注目を浴びることは碁界にとってマイナスなことはない。

 グーグル社が大金を使い、AIで囲碁の研究するほど、囲碁がすごいものだと多くの人に理解してもらえ、興味を持ってもらえたことでしょう」

【日本棋院理事 元・女流本因坊の小川誠子六段】

「アルファ碁の強さに驚きました。中盤から後半がとくにしっかりしています。コンピュータなのに、感情が入っている気がしたくらいで、李九段とは人間同士の碁のように楽しみました。

 アルファ碁作者のインタビューを読んだのですが、李世ドルさんと打たせたいという熱い思いがあったというのも、感銘を受けました。

 1局目を打ってみて、李世ドルさんはアルファ碁をそんなに強いと思わなかったかもしれませんが、アルファ碁は1局ごとに強くなっていくようでした。反対に、どんどん李世ドルさんは疲れていっている感じ。心も折れたのではないでしょうか。

 そんな中で4局目を李世ドルさんが勝って。なんかウルウルきちゃいました。シリーズが終わり、「今回、負けたのは李世ドルの負けであって、人類の負けではない」と、態度も立派でした。

 あの環境の中で最後まで打ったことは、勝ち負けに関係ないくらい感動しました。これから何かが変わる気がします。時代が変わりそうな予感がしました」