「AI碁」歴史的勝利の衝撃 レジェンド棋士5人はこう見た

『NEWSポストセブン』

読了まで8分

 囲碁でコンピュータが勝つのは、10年以上先のこと――。これが囲碁界の主な認識だった。従来のコンピュータはトッププロにハンディキャップをつけないと対等に戦えない実力で、アマ強豪といった棋力だった。

 囲碁は将棋やチェスに比べて盤が広いので、手順も長い。変化も、チェスが10の120乗、将棋が10の220乗に対し、囲碁は10の360乗。将棋より140コも多くゼロがつく桁数も変化があるということだ。また、駒の動きが決まっているチェスや将棋に比べ、囲碁は石の価値が状況や場面ごとに変化していき、コンピュータに認識させにくい。

 そんな背景があり、チェスや将棋のトッププロがコンピュータに負けても、囲碁はまだまだ、と思われていたのだ。

 ところが……。

 2016年3月9日~15日。世界チャンピオンを何度も獲得した韓国の棋士・李世ドル(イセドル)九段(33)と、米グーグルグループ・ディープマインド社製AI(人工知能)「AlphaGo(アルファ碁)」の五番勝負が行われ、なんと、AIが4勝1敗で勝ち越したのだ。
 この衝撃的な状況を、囲碁界はどうとらえているのか。碁界を代表する“レジェンド棋士”5人に話を聞いた。

【日本棋院の元副理事長 小林光一名誉棋聖・名誉名人・名誉碁聖(63)】

「こんなに速く、強いソフトが誕生するとは驚きです。ここ10~20年はたいして進歩していませんでした。僕が生きているうちは無理だろうと予想していたのですが……。

 碁は変化が無限大。一局一局違う未知の世界。一手ごとに状況や形勢がかわるほど、価値判断も難しい。対局していてもわからないことだらけ。なので、碁界ではAIが碁に最適というのは昔から言われていました。

囲碁ソフト「アルファ碁」に5回戦の第4局で初勝利を収めた韓国人プロ棋士、李世●(石の下に乙、イ・セドル)九段(手前右)=3月13日、ソウル (グーグル提供・共同)
 コンピュータとの対戦は、相手がいるようでいない。気合いが入りにくい状況です。とくに李世ドル九段は、実戦派で、相手との駆け引きに長けている天才。世界のトップ棋士の中で、李世ドル九段が一番、コンピュータが苦手なのでは。もっと学究肌タイプの棋士ならいい勝負をしたのではないかと思います。

 各マスコミが大々的に報じて、社会的にも話題になった。注目を浴びることは碁界にとってマイナスなことはない。

 グーグル社が大金を使い、AIで囲碁の研究するほど、囲碁がすごいものだと多くの人に理解してもらえ、興味を持ってもらえたことでしょう」

【日本棋院理事 元・女流本因坊の小川誠子六段】

「アルファ碁の強さに驚きました。中盤から後半がとくにしっかりしています。コンピュータなのに、感情が入っている気がしたくらいで、李九段とは人間同士の碁のように楽しみました。

 アルファ碁作者のインタビューを読んだのですが、李世ドルさんと打たせたいという熱い思いがあったというのも、感銘を受けました。

 1局目を打ってみて、李世ドルさんはアルファ碁をそんなに強いと思わなかったかもしれませんが、アルファ碁は1局ごとに強くなっていくようでした。反対に、どんどん李世ドルさんは疲れていっている感じ。心も折れたのではないでしょうか。

 そんな中で4局目を李世ドルさんが勝って。なんかウルウルきちゃいました。シリーズが終わり、「今回、負けたのは李世ドルの負けであって、人類の負けではない」と、態度も立派でした。

 あの環境の中で最後まで打ったことは、勝ち負けに関係ないくらい感動しました。これから何かが変わる気がします。時代が変わりそうな予感がしました」
大竹英雄氏「私の予想より10~20年早く強くなりました」

【元・名人の依田紀基九段(50)】

「始まる前は、李世ドル九段が全勝すると予想していました。

 昨年秋に打たれたアルファ碁とヨーロッパチャンピオンとの碁を見て、まだまだだと思っていたのだが、李九段との対局中にもどんどん強くなっている印象で、3局目は完璧な打ち回しでした。アルファ碁の強さは疑いようがないレベルです。

 ただ、アルファ碁は李九段を研究できたでしょうが、李九段はアルファ碁の情報が少なすぎて研究ができなかった。なので、こんなに強いとは予想できなかった。不利な面も多分にあったと思います。

 アルファ碁の出現が、棋道の発展に大いに寄与してくれることでしょう」

【東京大学客員教授の石倉昇九段(61)】

「アルファ碁は非常に強かった。従来のコンピュータは接近戦が強かったのですが、アルファ碁は大局観があることが素晴らしい。

 これは囲碁界にとってはプラスです。新しい考え方が生まれ、これまでの常識や定説が覆っていきます。碁の考え方が向上するでしょう。

 故・藤沢秀行名誉棋聖が「碁の神様が“100”わかっているとすると、自分がわかっているのは“6”」というほど、プロがわかっている世界はまだまだ少しだけ。それだけ囲碁は広いのです。
 
 李九段は本来の力が全然出ていません。プレッシャーがすごかったことでしょう。相手が目の前にいるようでいない。これはすごいマイナスなこと。李九段がふつうの心境・状況での対局を見たかったですね。

【日本棋院顧問・元理事長の大竹英雄名誉碁聖(73)】

「みなさん、アルファ碁の強さにびっくりされたことでしょう。私の予想より10~20年早く強くなりました。我々はコンピュータから学ぶことが必要です。

 世の中にはアルファ碁を作ってくださるすてきな方がいらっしゃるなんて、感心しています。アルファ碁を作ってくださった方々に、心から尊敬と敬意を表します。

 みなさんには碁盤の持っている広さを感じていただけたことでしょう。アルファ碁には、人間の雰囲気が感じられるのが嬉しいことです。

 ただ、4局目。最後のほうで突然、品のない手を打ち出しました。機械といえども、品が大事。そこのところを研究者の皆様にも考えていただきたい。人間も、コンピュータも、碁盤への挑戦ですから。

 囲碁を通じての世界平和を。これが大切。世界中の人が仲良くできるよう、世界平和に囲碁が役立てるよう、囲碁を見直していただければこんな嬉しいことはありません」

* * *

 アルファ碁の出現をほとんどの棋士が歓迎し、ネガティブに捉える声はまったく聞こえてこなかった。強い棋士がひとり誕生した。みな、そんな捉え方をしているようだ。

 アルファ碁は棋士の発想にない手、常識外の手を打ち、勝った。「悪そう」に見えた手も、局面が進むと悪い手ではなくなる。

「悪い手」と「悪そうな手」には、大きな差があること。これまでの定石や常識を疑い、さらに研究しなければならないこと。それらはアルファ碁が世に出てきたことで、棋士が感じたことだ。まだ研究する材料があり、まだ強くなれる。

 碁はまだまだ発展できる――。アルファ碁が囲碁の明るい未来を感じさせてくれたのだ。

●文/内藤由起子(囲碁ライター)

関連記事
■ 米で生まれ育ち日本で囲碁棋士になった男性が半生を綴った本
■ 美人棋士「『待った』は喧嘩の元」と超基本的マナーを伝授
■ 与謝野馨氏 関ヶ原で石田三成敗北は囲碁やらなかったから
■ AKB48卒業生の囲碁アイドル 石運びは超心配性で守るタイプ
■ 米出身棋士マイケル・レドモンド氏 囲碁の極意を格言で解説

この記事の関連テーマ

タグ

井山裕太は人類最強の囲碁棋士になれるか

このテーマを見る