【23歳の戴冠 井山裕太研究】(産経新聞2013年03月15~17日掲載)


「大阪の生活」強さ支える 


 碁盤をはさみ、がっくりとうなだれたのはタイトルホルダーである張栩(33)の方だった。日午後5時過ぎ、棋聖戦第6局が行われた静岡県伊豆市の旅館・玉樟園新井。張が投了を告げると、一斉に報道陣が対局室へ流れ込んだ。

 「強かった…。シリーズを通して反省点が多かった」。完敗を認め、先に対局室を出る張の後ろ姿に、勝者の井山裕太(23)は黙って頭を下げた。

 グレーのスーツに紺色のネクタイ姿。正座のまま背筋を伸ばし、インタビューに応じる井山は、6冠達成に安(あん)堵(ど)したのか時折、笑みを浮かべた。だが、質問は早くも「次の目標」に移る。井山は落ち着いた口調で、はっきりと答えた。「7冠と国際棋戦での優勝を期待されていることは痛いほど感じています。大変なことだけど、そんなに大変じゃないと思っている部分も自分の中にはある」

 ○  ● 

 「彼は、将棋はからっきし。金と銀の駒の動かし方の違いも、よく分かってないんですよ」

成人式であいさつする囲碁最年少名人の井山裕太さん=2010年1月11日、大阪府東大阪市
成人式であいさつする囲碁最年少名人の井山裕太さん
=2010年1月11日、大阪府東大阪市
 将棋の女流初段、室田伊緒(23)はこう話すと、童顔をほころばせた。2人は同じ平成元年5月24日生まれ。関西の囲碁・将棋界の交流の中で知り合い、昨年の誕生日に結婚した。今は大阪市内のマンションに2人で暮らす。

 棋士といえば、プライベートも囲碁漬けの印象が強い。だが、井山はそうではないという。「もちろん、パソコンや碁盤の前で研究はしていますよ。でも、いつの間にかテレビのお笑い番組を見て、笑い転げているんです」。ともに勝負の世界に生きる2人は負けず嫌い。将棋だけでなく神経衰弱などのトランプゲームもやるが、強いのはいつも室田で、井山は自分が勝つまで続けたがるという。

 ○  ● 

 室田だけでなく、親しい知人が語る井山像は、みな「普通の人」だ。井山が主宰する研究会の後輩、初段の吉川(きっかわ)一(はじめ)(22)は「よく話すのは、『ダウンタウンの松本(人志)はおもろい』とか、メジャーリーグとかですね」。

 研究会が開かれる火曜日、吉川は野球好きの井山のキャッチボールの相手を務めることが多い。「野球をやっていると、リラックスするみたいです」

 だが、このようなありふれた日常こそが、井山の原動力になっているのだという。

 対局で全国を転戦する中、井山は半日でも時間ができると自宅に戻る。室田は「緊張の連続だから、オフの時間が大事なんでしょうね」とおもんぱかる。井山の母、宏美(50)によると、結婚前も、大阪府東大阪市の実家でのんびりするのが何より好きだったという。

 対局だけを考えれば東京に移った方が有利にもかかわらず、井山が生まれ育った大阪を拠点にし続けている理由もここにある。井山はこう語る。

 「ホームタウンということは強く意識しますね。力をもらっている、という気がするんですよ。妻に家族、お世話になった方々。そしてファンの皆さんに」