巽好幸(神戸大学海洋底探査センター長、同大学院理学研究科教授)

 4月14日21時26分に熊本地方でマグニチュード(M)6.5、そして16日1時25分M7.3の地震が発生した。震源の深さはいずれも約10kmと浅く、そのために最大震度は7に達した。これら一連の地震は日奈久・布田川断層帯の活動によって引き起こされたと考えられている。一方で、この断層帯上には阿蘇山が位置し、今回の地震が噴火、特に巨大噴火を誘発するのではないかとの不安もある。
噴火した熊本県・阿蘇山の中岳(奥)と、観光客らのいた付近の駐車場。噴煙は火口から2000メートルまで上昇した=2015年9月14日午前9時45分ごろ(阿蘇火山博物館提供)
噴火した熊本県・阿蘇山の中岳(奥)と、観光客らのいた付近の駐車場。噴煙は火口から2000メートルまで上昇した=2015年9月14日午前9時45分ごろ(阿蘇火山博物館提供)

日奈久断層帯は「札付き」の活断層


 気象庁が本格的に地震データの収集を初めたのは約100年前。これまで九州で震度7が観測されたことはなかった。そのために今回の地震がいかにも「異常」であるかのような印象を与えるかもしれないが、決してそうではない。日奈久・布田川断層帯はバリバリの活断層帯であり、過去に何度も大地震を起こしてきた。これらの断層活動は、フィリピン海プレートが日本列島に対してやや斜め向きに沈み込むために、横ずれ成分が大きい。さらにはこの辺り、別府—島原地溝帯と呼ばれる地帯では、九州島が南北に引き裂かれるような変動も起きている。地震や火山などの地球の営みは、人間のタイムスケールより遥かに長いのである。

 地震調査委員会は日奈久断層帯についてその活動時にM6.8程度の地震が発生する可能性があること、そしてこの断層帯を含む周辺域ではM6.8以上の地震の30年発生確率は7〜18%と評価している。

 この確率は一見、首都直下地震や南海トラフ地震(ともに70%超)に比べると低い。しかし私たちは、21年前の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)前日の30年発生確率が0.02〜8%であったという事実を忘れてはならない。つまりこの九州中部域、さらに言えば日本列島全域ではいつ地震が起きてもおかしくないと認識すべきである。私たちは、太平洋プレートとフィリピン海プレートが押し寄せる「変動帯」に暮らしているのだ。

 日奈久・布田川断層帯は決して1枚の断層ではなく、多くの活断層の集まりである。つまり、今回の地震(破壊)が近傍の断層活動を誘発する可能性は高い。今後も強烈な揺れを伴う余震が数週間続くであろうことに備えるべきである。

阿蘇もまた「札付き」


 阿蘇山は世界有数の活動的活火山である。16日にも小噴火が起きたが、これは火山の日々の息づかいのような噴火かもしれないが、地震直後であるために地震によって誘発された可能性もある。