諌山裕(グラフィックデザイナー)

 昨日の熊本の地震。
 実家が九州なので、直後に電話した。隣の県でさほど影響はないとは思ったが、念のためだ。

 熊本の地震の最初で最大の揺れは……


気象庁|地震情報

平成28年04月14日21時32分 気象庁発表

14日21時26分頃地震がありました。

震源地は熊本県熊本地方(北緯32.7度、東経130.8度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は6.4と推定されます。

 このとき、NHKのニュースを見ている時間だったが、地震速報が割り込んできて、以後、地震を伝える内容だけになった。
 じつは、熊本の地震の前に、東京の地震のニュースが伝えられていた。規模の小さな地震だったが、発生地が23区内ということでピックアップされたのだろう。


気象庁|地震情報

平成28年04月14日21時02分 気象庁発表

14日20時58分頃地震がありました。

震源地は東京都23区(北緯35.7度、東経139.6度)で、震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は3.6と推定されます。

 震源地の「北緯35.7度、東経139.6度」というのは、以下だ。
 この震源地は、うちから2キロくらいの近所だった。地球スケールでいえば、ほぼ直下といってもいい。しかし、震源が深いこととマグニチュードが低かったことで、ほとんど感じられなかった。
 ニュースで出てきて、
「え? 揺れたっけ?」
 と、妻と顔を見合わせたくらいだ。うちの猫たちは、地震に敏感に反応するのだが、猫たちもおとなしかった。震源の直上よりも、少し離れたところの方が揺れたようだ。
 すぐ近所が震源だったことに驚いたのだが、わが家の地下の断層はどうなっているのだろう?……と、ちょっと調べてみた。

 このPDFより抜粋。
首都圏を含む関東平野南部に分布する活断層・活構造の矩形断層モデル

※首都圏を含む関東平野南部に分布する活断層・活構造の矩形断層モデル。矩形の太線で示した辺は断層の上端を示す。破線は不確実な断層モデルを、橙色の矩形は第四紀後期に活動した証拠がない断層を示す。

 これによると、昨日の杉並区の震源は、破線で示された「不確実な断層モデル」の中にある。
 つまり、「わからない」ということ。
 このあたりは住宅街であり、調査するのが難しい地域でもある。だが、震源となる断層が潜んでいることは、この地震で明らかになったわけだ。