藤本貴之(東洋大学 准教授・博士[学術])


 民進党の公式ツイッターが「炎上」している。

 今回の熊本地震で迅速に対応したことが好評価の自民党。これに関連し、あるツイッターユーザーが、野党・民進党に対して発した「東日本大震災時の自民党のような対応を望みます」というささやかなツイートがことの発端だ。

 それらメッセージに対し、民進党公式ツイッターからの返信は、災害支援とは全く無関係の政治的な自民党中傷の繰り返し。そこに一般ユーザー、一般国民からの批判が集中した、ということがおおまかな「炎上」の流れだ。

 当該のツィートは既に削除されているが、ログはネット上で散見されるので、興味がある方はぜひ、検索してほしい。問題の民進党公式ツイッターのやりとりは以下のようなものだ。

 東日本大震災時、野党だった自民党議員の支援活動を好意的に書いたメッセージに対しては、

<民進党>未曾有の大災害の中、行政の手がゆき届かない中で、それは与野党なくどの党の議員もさまざまなチャンネルを駆使してやっていたことです。それを自分の党だけの手柄のように後から宣伝するようなことは慎まなければなりません。@MinshintoNews

 ・・・といったように、敵対党派とはいえ支援活動をした自民党議員を中傷しただけ。また、災害対応は与野党なく休戦して政府を支援すべき、といった要望に対しては、

<民進党>多くの議員が与野党なく災害対応に協力した中で、一部の自民党の有力議員が原発対応についてデマを流して政権の足を引っ張ったのも有名な話です。@MinshintoNews

 ・・・という返信をする始末。刻々と被害が拡大している最中、災害支援や国民感覚とはおよそ無関係な喧嘩腰で政治的な返答だ。一般ユーザーからのメッセージが政治的ではない分、民進党の喧嘩腰の政治性が一層強調された形だ。 

 このような民進党の発言に対し、すぐに非難・批判が集中。事態を重く見たのか、民進党は同ツイッターにて、次のような謝罪コメントを出し収拾を図った。

<民進党>本日未明、党公式ツイッターアカウントで党の見解ではない個人の見解を数度にわたり書き込んだ職員がおり、多くの皆さまに誤解を与え、また大変不快な思いをさせてしまいました。党として深くおわび申し上げます。当該職員には厳しく対処するとともに、今後このようなことのないよう努めてまいります。@MinshintoNews

 さらに、民進党の岡田克也代表は「(このような騒動が)どうして起きたのか検証しなければならない」と発言。加えて、枝野幸男幹事長も「個人の意見を党の公式のツイッターで書き込んだのは問題。事実関係を確認し、厳しく対応したい」と述べた。

 もちろん、このような矢継ぎ早の火消しも、もう手遅れで、既に国民からの非難や批判は、民進党の一存ではコントロールできない程度に「炎上」している。

 最近、何かあればすぐに「炎上、炎上」と表現され、炎上未満のものでも、ネットで発生した苦情やトラブルは「炎上」とされてしまう。そのような早計な「炎上」乱用はすべきではないが、今回の一件は間違いなく「炎上」だ。