島村英紀(武蔵野学院大学特任教授)

熊本地震でわかった危うい評価


 今回の熊本地震でも、地震予知はまったく出来なくて、不意打ちだった。

 九州の人たちにとっては大地震に襲われることは、まったくの予想外だったはずだ。たとえば、地震後閉鎖されてしまった熊本県の企業誘致に関するホームページには、地震が少ないことが高らかに謳ってあった。九州にとってのいちばんの自然災害は台風だったのである。

 しかし、ウェブサイトが地震後閉鎖されてしまったのは熊本県のせいではない。国が地震の安全性にお墨付きを与えていたのだ。国土交通省が定めている「地震地域係数」が、関東や太平洋沿岸の東北地方などが1.0なのに対し、九州の大半は0.9~0.8だったからだ。

 この係数は市町村ごとに指定されているから、細かく見ると熊本市の大部分や熊本県益城町、大分市、宮崎県全域は0.9で、福岡、佐賀、長崎の3県全域や、市役所が大きく損壊してしまった熊本県宇土市などは0.8だった。ちなみに沖縄は全国最低の0.7だ。

 鉄筋コンクリート造りや3階建て以上の木造を建てるときに義務付けられている構造計算にこの係数が使われる。2階建て以下の木造住宅では、構造計算は義務付けられてはいない。

 この係数が低いほど、構造計算で設定する地震力は小さく、耐震性も低くなる。この係数は1952年に導入されたものだが、1980年に改定されて以降、40年間近くも変わっていない。もちろん、係数が低いほどコストの安い建物が作れる。

 この仕組みは「過去数百年間の地震の規模や頻度、被害を基に設定」されたと言われる。地震の少ない地域は耐震性を低減してもいいという考え方なのである。

回送中に脱線した九州新幹線
回送中に脱線した九州新幹線
 しかし、最近の地震学では、熊本に限らず、内陸直下型地震は、日本のどこでも襲う可能性があることが分かってきている。たとえば2005年に起きて大きな被害を生んだ福岡県西方沖地震(マグニチュード(M)7.0)は、日本史上、ここで初めて起きた大地震だった。

ものが壊れるとき、普通の物理学の法則は使えない


 コップを硬い床に落として、割ってしまうことを考えてみよう。もしふたつのコップを落としたとしたら、まったく同じ形と大きさのコップでも、その割れかたは、けっして同じではない。

 つまり、どこから割れ始めて、割れかたがどう広がっていくか、を割れる前に予想することは、ほとんど不可能なことなのである。

 これは「ものが壊れる」ということを研究するのが難しいからだ。引っ張っていったゴムひもの、「どこ」が、「いつ」切れるかを予測することは、現代の科学では不可能なことなのだ。つまり、ものが壊れるときには、普通の物理学の法則は使えない。

 そもそも物理学でも工学でも、ものが壊れる現象の解明は非常に難しい。地震に限らず、金属疲労による破壊も同じだ。破壊現象の解明や予測(地震で言えば地震予知)の成功例は、どの学問分野でも、ほとんどない。

 たとえば潮の満干の時間は、1年先まで、カレンダーに書いてある。また、日食や月食の時間も、何年も前から正確に分かっている。これは、これらの現象は「古典物理学」で解ける問題だからなのである。