昨年6月9日、本誌記者に送られてきたメールは、こんな書き出しだった。〈突然の相談で恐縮です〉──それに続けてイスラム国(IS)の内部資料を入手したと綴られていた。送り主はフリージャーナリストの安田純平氏。

 3月16日、安田氏と思われる人物が拘束されている動画が、インターネット上に公開された。動画を公開したシリア人男性は各種メディアに対し、安田氏がシリアでイスラム過激派組織「ヌスラ戦線」に拘束されたと証言している。

 安田氏がシリアに入ったのは、本誌記者とメールのやり取りをした直後だったとみられている。安田氏と親しいフリージャーナリスト・鈴木美優氏の話。

「安田さんはトルコ南部のアンタキアからシリア北西部のイドリブを目指す取材を計画していたようです。危険なルートであることを自覚し、緊張している部分もありましたが、イスラム国に対抗しようとする勢力への取材に興味を持っていました。ただ昨年の6月21日を最後に、連絡は途絶えてしまいました」

 安田氏はトルコからシリアへと国境を越えた付近で拘束されたとみられている。その直前、冒頭のメールを含む本誌記者とのやり取りで安田氏は「トルコで入手したISに関する重大資料を記事にしたい」との考えを述べていた。
安田純平氏のツイッター
安田純平氏のツイッター
 安田氏の安否が確定しない中で、資料の詳細を説明するのは控えるが、文書、写真に加え、映像も含まれるものだ。3月22日にもベルギーの連続爆破テロの犯行声明を発表したIS。安田氏の資料の中にはそのISの資金管理に関係すると思われる資料もあり、それを分析した安田氏は〈イスラム国との戦いは「テロリスト」というより、国家に対して行うのと同等の規模で臨まなければならないのでは〉とメールに書き記している。

 そうした問題意識が、安田氏を危険なシリアに向かわせたのだろうか。

 安田氏と連絡が取れなくなり、シリアで拘束されたという情報が関係者の間で流れた昨年7月上旬、外務省邦人テロ対策室は本誌の取材に対し、「(安田氏が)拘束されたのではないかという情報は把握しており、事実確認を含めて情報収集している」と話していた。しかし、今回動画が公開されたことを受けて改めて取材すると「事案の性質上、回答は控えます。政府としては、様々な情報網を駆使して全力で対応に努めております」(外務省報道課)と答えるのみで、この間の“情報収集”の成果が何なのかはわからない。

 思い出されるのは昨年1月にISによって拘束・殺害動画が公開された後藤健二氏のケースだ。安田氏の安否について前出の鈴木氏はこう指摘する。

「ヌスラ戦線の兵士に取材したところ、公開された動画にヌスラ戦線のロゴが入っていないことを不思議がっていました。過去の例とはそこが違うそうです。一言でヌスラ戦線といっても、組織の中には様々なグループがある。安田氏の拘束は、ヌスラ戦線の中にいる外国人義勇兵グループが独自に動いて行なわれたものではないでしょうか。取材した兵士も、安田氏のことを知らなかったですから。

 ISと違い、ヌスラ戦線は動画公開後に身代金取引で解放されるケースもあります。まだ生存している可能性が高いと信じています」

 動画が公開されたのは、身代金を求める交渉のために安田氏の生存を証明する必要があったからなのか。安田氏が消息を絶ってから、まもなく10か月になろうとしている。

関連記事