児玉克哉(社会貢献推進機構理事長)

 舛添要一東京都知事が辞任を表明した。昨日の記事に早期の辞任と7月31日の選挙の可能性を書いたが、ほぼその通りになりそうだ。この場合には7月14日に告示となる。あっという間に告示となるので、この2~3週間で候補者を決めなければならない。7月10日には参議院選挙があるので、政治家はそれどころではない状態。都知事選に有望と思われる人の中には本人が参議院選挙に立候補する予定の人もいる。そうでなくても、各地の応援に忙しくしている。相当に難しい候補者探しとなりそうだ。

今度の都知事に求められるものは非常に多い。

1.不祥事の可能性が少ないこと
 なんといっても猪瀬知事、舛添知事と連続して不祥事があり、任期途中での交代となった。また途中での交代となることだけは避けたい。任期4年を終えるとすぐに東京オリンピック。そのまま都知事としてオリンピックを迎えてもらうほうがいいのは当然だ。4年後のオリンピック直前に本格的選挙となるのはオリンピックの準備からしても望ましいとは言えない。つまり次の8年を任せることができる人を選びたいのだ。

2.東京都の顔になれる人
 東京都知事は東京オリンピックの開催地のトップである。オリンピックには多くのVIPが世界から訪れる。そうしたVIPをもてなすことができる人材であって欲しいと願う人は多い。

政治資金問題で代表質問を受けるため、東京都議会の本会議に出席した舛添要一東京都知事(前列左)=6月7日(寺河内美奈撮影)
3.対話型の人
 舛添知事の問題は、コミュニケーションが不十分であったことといわれる。不祥事が出たときに舛添氏をかばう人は非常に少なかった。東京都の職員の間での人気もなかったといわれる。東京都は大きく、対話だけで事務が行えるとは思えないものの、より対話ができて支援を集めることができる人に知事になってほしい。

4.与野党が総じて応援できる人
 こうした特別な状態で次期都知事を選んでいかなければならない。しかも国家プロジェクトのオリンピックを控えての重要な時期にだ。東京都議会は現在は自民党が圧倒的多数を占めているが、自民党・公明党が推した舛添知事の辞任を受けての選挙であり、一方的に主導権を持つのは望ましくない。

5.知名度があること
 東京都の選挙は、 知名度の選挙とさえ言われる。巨大な首都圏での選挙であり、浮動票が非常に多い。選挙に勝つには少なくともある一定の知名度が求められる。与野党が統一候補で官僚を推薦しても、もっと知名度があるタレントが出馬するとタレント候補が勝利することも考えられる。タレント候補などは告示の数日前に決断して、一気に選挙戦に入っても勝ち目がある。地道な選挙活動より、知名度がはるかに重要な選挙地域だ。

6.優れた経営能力
 東京都の事業は多岐にわたり、また事業の費用は国家なみに大きい。全くのお飾りでは対応できない。かなりの知識、見識、実行能力が求められる。