江崎道朗(評論家)


進む「民共合作」


 政局の季節が始まった。陰の仕掛け人は、日本共産党だ。
 昨年秋、日本共産党は民主党などに対して、「戦争法案」廃止を共通政策とする「国民連合政府」を目指そうと呼び掛けた。

 これに対して民主党(3月14日に維新の党と合流後の党名を「民進党」と決めたが、本稿では「民主党」とする)の支持母体である連合の神津里季生会長は昨年12月14日の時事通信とのインタビューで、共産党との選挙協力について「(共産党と連合は)歴史的に全く相いれない関係だし、向こうは敵対的関係をずっと持ってきた。やってはいけないことだ」と強く反対した。

 1月5日に開催された「連合2016新年交歓会」においても神津会長は「共産党はめざす国家体制が異なることやこれまでの歴史的経過からしても同じ受け皿ということには成り得ない」と、共産党との共闘を批判した。
 旧民社系労組出身の神津会長と連動して民主党内の旧民社系「民社協会」の川端達夫衆議院副議長もこう批判している。

 《安倍さんや自民党がやっている政治は一つの考え方であるのは当然ですが、どの人に聞いても、それに対してもう少し人間や弱者などにウェートを置いた側の政治勢力が必要では、と言うと思います。ですが、向こう側とは違うというだけで集まるのはダメで、大きな共通の認識や旗の下に集まらなければならない。(中略)小さいままではダメで、力を合わせて選挙に勝とうというのはいいけど、何のために、何をするために、どういう国をつくるために、ということを大きな共通認識として持たない限り、それは烏合の衆で、いつかボロが出る》(『プレジデント・オンライン』1月13日)

 政策合意なき野党連合はダメだと批判したのだ。
 連合や民社協会の反対で民共合作は潰えるかと見えたが、民主、維新、共産、生活、社民の野党5党の党首は3月19日、岡田代表の提案で共産党との選挙協力を進めることで合意した。
そろって街頭演説する(左2人目から)社民党の吉田党首、民進党の岡田代表、共産党の志位委員長=6月19日
そろって街頭演説する(左2人目から)社民党の吉田党首、民進党の岡田代表、共産党の志位委員長=6月19日
 《岡田代表は、会談のなかで自身から(1)安全保障関連法の廃止と集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の撤回を5党の共通目標にする(2)安倍政権の打倒を目指す(3)国政選挙で現与党とその補完勢力を少数に追い込む(4)国会での対応や国政選挙などあらゆる場面で5党のできる限りの協力を行う――の4点を提起し、5党で合意したと報告》(民主党の公式サイト)

 支持母体の連合や旧民社系の反対を振り切って民主党の岡田執行部は、日本共産党とも組むことを決断したのだ。
「共産党と組むとなれば、連合サイドが拒否反応を示し、民主党にとっては却ってマイナスになる」という意見もある。が、残念ながら、連合の組合員の大半はかつてほど共産党に対するアレルギーはないため、意外と選挙協力は進む可能性がある。

 しかも共産党との選挙協力を進めるとなれば、民主党の会合にも共産党の活動家たちは堂々と顔を出させるようになり、民主党の地方組織は共産党系によって取り込まれていくことになるだろう。何しろ理論武装という点から言えば、寄せ集め集団に過ぎない民主党や維新の党では、とても共産党には太刀打ちできない。

 選挙協力を通じて連合傘下の労働組合もまた共産党の浸透工作を受けていくことになるが、それに対応できる人材が果たして連合内部にどれほどいるのだろうか。連合の左傾化が心配だ。