清義明(フリーライター/オン・ザ・コーナー代表取締役)

ロックに政治を持ち込むな???


 今年のFUJI ROCK FESTIVALに、SEALDsという学生団体の人がステージに出るということで、ひと騒動になっているらしい。

 どういうことかと言えば、「ロックの世界に政治を持ち込むな」という物言いが多数ついたということ。

 これについては、たくさんの方々、とみに当のロック関係者の方々から、それどうなのよ?という反論が来ていて、おおよそこの筋で決着をみると思われます。まあ当たり前ですね。

 ロックが政治や思想と切っても切り離せない存在であるというのは、ほんの少しでもその世界を齧ったことがある人ならばわかるものでしょう。

 例えば・・・とやるのも野暮なんですが、いくつかだけ。

 プラスチック・オノ・バンドの「ハッピークリスマス」が、単なるクリスマスソングだと思っている人がたくさんいる日本だったら仕方がないことかもしれないです。ベトナム戦争の真っただ中で「戦争をやめさせるために立ち上がろう」とアジテーションした歌が、毎年毎年街中に流れている日本はどれだけ反戦左翼の国なのか・・・と錯覚させられるほどです。

 ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・イン・ザ・USA」は、なんだかアメリカ万歳!の歌だという風に聴こえている人も多いと思いますが、あれは、ベトナムの帰還兵のことを歌っています。

 薄汚れた町に生まれ育ったオレが、ある日、黄色いヤツを殺しに行ってこいと銃を持たされてベトナムへ行った。サイゴンで現地のベトナム人の恋人を持った友人は死んでしまった。それでアメリカに帰ってきたら職にもありつけない。これがアメリカなんだよ・・・当時社会問題になっていたベトナム帰還兵のことですね。


 こうあげていくと当然ながらキリがありません。というか、当たり前すぎる話なので書いているほうが恥ずかしくなってくるという(笑)

 ひとつだけ付け加えると、フジロックフェスティバルの第一回で伝説ともいえるライブを行ったのはRAGE AGAINST THE MACHINEですが、彼らは極めつけの政治的なロックバンドで知られています。


 こうしてみると、なんというか日本の英語教育が間違っていたのではないかという情けない結論も導き出されてきたりして(笑) 実質、英語だったらOK、日本語はダメってわけですから。

 そのフジロックフェスティバルは、そもそも毎年、反原発やら反差別の団体の出店ブースがあったり、元から「政治的」なわけですよ。いちいち言わずもがなことですが、こうしてロックと政治や思想は表裏一体で、その中には昨年の椎名林檎のようにこれまた議論を呼ぶものもあったわけです。まあアレはご本人は政治的なものでないとおっしゃられて火消しされてましたけれどもね。

選挙への参加を呼び掛ける曲を録音中の佐藤タイジさん(右から2人目)、奥田愛基さん(同3人目)ら=6月、東京都渋谷区
選挙への参加を呼び掛ける曲を録音中の佐藤タイジさん(右から2人目)、奥田愛基さん(同3人目)ら=6月、東京都渋谷区

SEALDsに群がるトンチンカンな人達


 さて、おそらく、これが反原発だったり反差別の団体だったら、まあまたいつものアレだよね・・・的に特に指摘されることはなかっただろうと思います。

 問題はそのアクター(?)がSEALDsという、安保法制反対で名をあげてメディアに持ち上げられた学生グループだったからというのが大きいのでないのかと思わざるをえないわけです。

 ひとつは、ホントにロックは政治抜きで語れると思っていた歌詞抜きでふんふん鼻歌していた「オーディエンス」の方もいらっしゃるでしょう。まあこの人達はとりあえずいいとしましょう。よくないですけど。

 さらにもうひとつは、やはり嫉妬めいたものがあるんじゃないですかね。または彼らの政治的な主張に嫌悪する人。

 自分も昨年の椎名林檎に関しては、まあ気分はよろしくはないクチなわけです。だから、まだこれは気持ちはわかる。しかし、それならば行かなきゃいいだけじゃねーの?としか言いようがない。それでも嫌だったら、おまえらの主張には賛同できないとブーイングでもしに行けばよい。そのほうがよっぽどロック的じゃないですかね。

 このSEALDsというのは、まあなんというか、こういう嫉妬やら生理的な嫌悪みたいなものを一心に集めていて、これがなんともはやある意味壮観なわけです。

 そのSEALDsの奥田愛基という人が出した自伝を読んだわけですけど、やっぱりそういう話はあるわけで、呑み屋か何かで隣り合わせたおっさんが、あのSEALDsとかいう連中の言っていることはうんたらかんたらと説教めいた絡まれ方されたらしいんですよ。で、その張本人ですと告げたらびっくりして逃げていった・・・みたいな話とか。

 ようは、おっさんども、なんか言ってやりたくて仕方ないわけです。そうして、この団体のまわりには、本当に多数の連中があーでもないこーでもないとやっている。そして、それがまた的を得た話ならともかく、もうどうにもこうにも適当な話が多いわけですよ。