中井均(滋賀県立大学教授)

 よく日本三大名城と呼ばれる城がある。大坂城と名古屋城と熊本城である。もちろん三城の選定は時代や選び方によって様々なのであるが、荻生徂徠は築城の名手と呼ばれた加藤清正、藤堂高虎の手によるこの三城を名城に挙げている。

 ところでこの三城のなかで大坂城と名古屋城は徳川幕府による天下普請の城である。熊本城のみが一大名の居城として築かれた城なのである。その特徴は何といっても石垣にある。築城の名手である加藤清正と藤堂高虎はともに石垣普請の名手でもあったが、二人の石垣には大きな違いがある。清正の石垣が天端三分の一近くのところから反り返る構造であるのに対し、高虎の石垣は極めて直線的に積み上げられている。両者の代表作が熊本城と伊賀上野城の石垣である。

 私が熊本城の特徴をあげるならば、その第一は五階櫓という巨大な櫓をいくつも構えている点である。本丸の中心には大天守と小天守からなる連結堅天守を構えているが、本丸の北西隅には宇土櫓と呼ばれる三重五階地下一階の三重櫓が配されている。実際は三重櫓であるが、その威容から五階櫓と呼ばれ、さらには小天守に次ぐ櫓として、三の天守とも呼ばれた。これは名古屋城西北櫓、大坂城伏見櫓(戦災で焼失)とともに日本最大の櫓であり、一階平面が九間に八間あり、四重四階の伊予大洲城の天守をも凌駕する規模であった。
工事が始まった熊本城の「飯田丸五階櫓」 
工事が始まった熊本城の「飯田丸五階櫓」 
 熊本城ではさらに西竹の丸(飯田丸)には西竹の丸五階櫓(飯田丸五階櫓)と呼ばれる三重三階の櫓が、数奇屋丸には数奇屋丸五階櫓と呼ばれる三重四階の櫓が、本丸北辺には御裏五階櫓と呼ばれる三重四階の櫓が、東竹の丸には竹の丸五階櫓と呼ばれる三重櫓が配されていた。さらに本丸の東辺には本丸東三階櫓と呼ばれる三重櫓と、北出丸には櫨(はぜ)方櫓と呼ばれる三重櫓も配されていた。このような巨大な櫓が本丸、西竹の丸、東竹の丸、北出丸という中心的な曲輪にそれぞれ配置される構造は熊本城だけである。

 これはそれぞれの曲輪に重層櫓を戦闘指揮所として配置していたものと考えられる。熊本城は規模も巨大である。その巨大な城は各曲輪を独立させて防御空間としていた。つまりいくつもの城の集合体として築かれていたわけである。本丸が落ちてもなお、別の曲輪で戦い抜くつもりで設計された城であった。

 今ひとつ私が熊本城で注目したいのは井戸である。絵図や文献などから熊本城には一二〇ヶ所もの井戸のあったことがわかっている。現在も城内には十七ヶ所の井戸が残されている。これも櫓と同様に各曲輪に設けられ、籠城戦の際にどの曲輪でも水を確保するために備えられたものである。その極めつけは小天守地下の井戸であろう。天守は決して飾りではなく、実戦に備えて築かれたことがよく示されている。