岡本裕明(Blue Tree Management 株式会社 代表取締役)

 週末の早朝、皇室を紹介する長寿レギュラー番組があることをご存知でしょうか?日テレの「皇室日記」とTBS系の「皇室アルバム」、フジ「皇室ご一家」であります。バンクーバーで時折拝見させていただいております。皇室の動きを国民にきちんと紹介する意味ある報道ですが、まず大多数の方はその存在すら知らないかもしれません。「皇室アルバム」は1959年からの番組とのことですから日本で最も長寿な番組の一つなのではないでしょうか?

 今上天皇は昭和天皇の難しい過去を引き継いだ意味において非常に困難なご公務をこなしてこられたと思います。また、社会が大きく変化する中で天皇家が大きく庶民の茶の間の話題になることもあり、昭和の初期の時代を知っている年配の方には様変わりを感じられていることかと思います。
苗代に稲の種もみをまかれる天皇陛下=皇居・生物学研究所(宮内庁提供)
苗代に稲の種もみをまかれる天皇陛下=皇居・生物学研究所(宮内庁提供)
 今般、天皇陛下が退位を打診されているという皇室関係者からの話が漏れ伝えられ、大きな話題となっています。宮内庁はそれを否定しておりますが、これは当然の流れで「噂」を事実として認めることは宮内庁にとっては非常に都合が悪いのであります。宮内庁は格式と伝統と過去の踏襲が全てですので、すわ、そういう事態になれば当然ながら正式なプロセスを踏まざるを得ません。但し、宮内庁は事なかれ主義であり、あくまでも天皇家をお守りする側ですので宮内庁が能動的に動くことはないでしょう。

 82歳の天皇陛下にお疲れが見えることが時々話題になっており、そろそろ「引退したい」という趣旨のことをつぶやかれてきたのだろうと察します。日本の皇室典範には「引退」である生前退位の規定がありませんのでできるともできないとも言えない状態であります。これを法制化するには時間がかかるというのが報道の趣旨であります。