高橋亮平(中央大学特任准教授、NPO法人Rights代表理事)




都知事が2人辞職したのは「政治と金」の問題、
利権構造の本丸を明らかにしろ

図表: 東京都知事選挙主要候補「政治と金」関連政策一覧
図表:東京都知事選挙主要候補「政治と金」関連政策一覧
 いよいよ都知事挙の投票日が2日後に迫った。

 今一度、なぜ今回、都知事選が行われなければならなかったのかを位置付けてもらいたい。

 あらためて言うまでもないが、舛添要一知事の「政治と金」の問題に絡んだ辞職によるものだ。

 さらに言えば、その前の猪瀬知事が辞職したのも「政治と金」の問題だった。

 一方で、こうして明るみに出た「政治と金」の問題は、枝葉の先の先の話であり、東京都にはこの裏で本質的な「利権構造」があると言われており、彼らはその構造の中でトカゲの尻尾切りにあったという指摘すらある。

 今回の都知事選までの3回の選挙で都民の血税から約150億円が使われたにも関わらず、この「政治と金」の本質とも言える「利権構造」は解決されないどころか、その中身すら明らかにされない。

 ようやく今回の選挙で、「都議会のドン」という言葉とともにこの「利権構造」が若干話題になったが、主要3候補含め、この問題に関してはどうも踏み込めていない印象がある。

 今回の選挙の争点の一つは間違いなく「政治と金」である。

 今回は有権者の皆さんとこのことから都知事選について考えていきたい。