[解体 ロシア外交]


廣瀬陽子 (慶應義塾大学総合政策学部教授)


 リオデジャネイロ五輪の開幕が近づく中、ロシアのドーピング問題が世間を騒がせている。

 ロシアのドーピング問題発覚の最大のきっかけとなったのは、2014年12月に放映されたドイツの公共放送ARDによるドキュメンタリー番組であった。同番組では、実際にドーピングを行っていたロシア人選手の告白が報じられ、世界に大きな衝撃を与えた。そして、これを契機にロシアの国家ぐるみのドーピング戦略が明らかにされていくことになる。

 この報道を受けて、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)が公的に調査を開始、2015年11月9日には報告書が提出されたが、その内容は、ロシア陸上界において、禁止薬物の使用や検査を逃れるための贈収賄などが常態化していること、また組織的なドーピングを隠蔽するために正規のものとは異なるダミーの検査場が存在していたことなど、世界にセンセーショナルを巻き起こした。

キーパーソンたちの亡命、急死……
深まる疑念


 その後、ドーピング問題の関係者に次々異変が起こるようになった。

 まず、ロシア陸上界の組織的ドーピング問題を告発した中距離のユリア・ステパノワ選手と、その夫でモスクワの検査機関に勤務していたビタリー氏が、11月17日までにカナダに政治亡命を申請したのである。11月10日までに、露政府からドーピング検査機関の所長職を解任されていたグリゴリー・ロドチェンコフ氏も、「身の危険」を感じて米国に事実上亡命し、その後はロシアの組織的ドーピングについて生々しい告発を行ってきた。

 他方、年明け2月にロシア反ドーピング機関(RUSADA)関係者の不審死が相次いで発覚した。今回の疑惑を受け、RUSADAは「不適格な組織」と認定されている。

ステパノワ選手
(2016 陸上 欧州選手権、写真:AP/アフロ)
ステパノワ選手
(2016 陸上 欧州選手権、写真:AP/アフロ)
 2月上旬には、ドーピング問題で中心的役割を果たしていたとされるRUSADAのビャチェスラフ・シニョフ元会長が死亡したが、その詳細はほとんど知られていない。

 また、2月14日には、同じくRUSADAのニキータ・カマエフ前最高責任者が心臓の病気により52歳の若さで急死した。カマエフは一連の疑惑により更迭されていたが、スキーの最中に突然心臓の痛みを訴え、死亡した。それまで、彼に心臓疾患はなかったという。それから一週間ほどすると、英国の『サンデー・タイムズ』が、カマエフがドーピング問題に関する暴露本を執筆する準備をしていたことを報道した。その報道により、彼の死についての疑念が一気に高まった。

 ロシア政府は、国家ぐるみのドーピングへの関与を一貫して否定しているが、RUSADA関係者が真実を話すと政府に都合の悪いことがあり、だからこそそのキーパーソンが消されたという疑惑が信憑性を帯びてきたのである。

 すると、今度はその疑惑を晴らすためか、RUSADA関係者が、カマエフが亡くなる前に、時々、親しい友人に負担がかかる運動をすると心臓付近に痛みが出ると話していたということが報じられ、近親者が言っていた「心臓疾患は一切なかった」という主張を事実上否定することとなった。また、カマエフが生前に暴露本執筆を辞めたいと話していたというようなことも報じられた。つまり、ロシアの政府に近いメディアは暗殺疑惑の火消しを行ったと言えそうだ。もちろん、実際に暗殺があったかどうかは断定できない。しかし、このような怪しい動きがあったのは事実である。