大会前の甲子園練習で、ユニフォーム姿で練習をサポートしていた女子マネジャーがグラウンドから追い出された出来事が大きな波紋を呼んでいる。ネット上では、「時代錯誤」「男女差別」などの言葉で高野連の対応を非難する意見が多い。まずは事実を確認しよう。産経新聞は次のように報じている。

 第98回全国高校野球選手権大会の出場校による甲子園練習2日目の2日、2年ぶり出場の大分(大分)の練習で、同校の女子マネジャーがグラウンドで練習に参加し、開始後約10分で大会関係者に止められる一幕があった。

 大会規定では危険防止のため、グラウンドに立つのは男子のみと明記されており、甲子園練習でもそれに準じる形だった。ところが、この日の大分の練習では、ユニホーム姿の長い髪の美少女がグラウンドでノッカーにボールを渡す補助役を務める姿があった。広瀬茂部長が3年のマネジャー、首藤桃奈(ももな)さんのために背番号のないユニホームを新調し、練習補助員として参加させていたという。

 途中で気付いた大会関係者に止められ、首藤さんは三塁ベンチ裏に下がったが、チームが練習を終えた後は出口通路へ向かう一塁側ベンチ前で男子部員と笑顔でグラウンドに向かって「ありがとうございました」と一礼して球場を引き揚げていった。

 練習後、首藤さんは「きょうは緊張して手が震えた。(止められたときは)やっぱり駄目かと思いました」と話していた。

産経ニュース 2016.8.2

甲子園練習。ユニホーム姿で練習をサポートする大分の首藤桃奈マネジャー(中央)
=8月2日、甲子園球場
甲子園練習。ユニホーム姿で練習をサポートする大分の首藤桃奈マネジャー(中央) =8月2日、甲子園球場
 高野連は、全国の高校野球部に何人の女子マネジャーが存在し、日頃からどのような活動をして選手たちを支えているか、知らないのだろうか? いまや女子マネジャーがいない高校野球部の方が少数だろう。

 女子マネジャーが当たり前になって30年以上は経過している。いま彼女たちは、グラウンド内での練習サポートでも大きな役割を担っている。現場の監督たちは、当初、女子高生に硬球を触らせることや、実際にボールが飛びかい、バットを振る近くに立たせることを案じ、制約していた。ところが、長い年月を重ね、彼女たちが十分安全に練習サポートできる事実を知り、実績を重ね、グラウンド内でも多くの役割を担うようになった。これは全国的な情報交換の積み重ねの成果だ。