仲野博文(ジャーナリスト)


 いよいよリオ五輪が開幕するが、国内では様々な問題が山積している。弾劾裁判の渦中にいるルセフ大統領と、彼女の前任者で国営石油会社を巻き込んだブラジル政財界を揺るがすスキャンダルに関与した疑惑が浮上しているルラ前大統領の2人は五輪の開会式に参加しないと表明。五輪開幕前にブラジルの政界や社会が一枚岩になっていない現状が露呈した。一枚岩になれないブラジルの象徴とも言えるのが、激しい貧富の差と、それによって生まれる犯罪の多さだ。ブラジルを訪れる外国人を不安にさせるのが、世界でもワーストクラスといわれる治安状況で、ブラジルでは殺人によって年間5万人が命を奪われている。

年間5万人が殺される世界ワーストの殺人大国

 8月5日に開幕するリオ五輪。組織的なドーピング問題によってロシア人陸上選手に出場の道が閉ざされ、国家会計を粉飾したとして職務停止に追い込まれたルセフ大統領の弾劾裁判が五輪期間中も続き、1930年代以降最悪とされる景気低迷に具体的な打開策を見いだせない政府に対してブラジル各地でデモが行われるなど、開幕を前にして競技以外の話題が先行している。

 CNNは23日、複数の五輪組織委員会関係者の話として、約170万枚のチケットが未だに売れ残っている状態であると報じた。また、リオ五輪の開催に反対するブラジル国民が約半数に達したとする、ブラジル国内における最新の世論調査の結果も伝えている。景気低迷や汚職疑惑に対するブラジル国民の不満や、ジカウイルス感染症に対する不安など、開幕前から多くの懸念材料が浮上しているが、最も懸念されているのがオリンピック期間中の犯罪の増加だ。

 リオデジャネイロを州都にもつリオデジャネイロ州は、ブラジルで最も小さな州の1つだが、約1600万人が暮らし、州都リオデジャネイロの人口は約650万人だ。リオデジャネイロはブラジルで犯罪発生率が最も高い地域ではないが(ブラジルでは一般的に南部よりも北部の方が治安は悪いことで知られている)、近年の景気悪化に比例する形で犯罪も増加している。今年1月から5月の間にリオデジャネイロ州で発生した殺人事件は2083件。昨年の同時期と比較して、13%も増加していた。

 単純に計算しても、1カ月の間に400人以上が殺害されており、ニューヨーク市や日本全体で1年間に発生する殺人事件の件数を超えている。国連薬物犯罪事務所が発表した統計によると、2014年にブラジル全土で発生した殺人事件は5万674件で、他国を大きく引き離す形で世界ワーストとなっている。世界第2位の人口で知られるインドよりも殺人事件が多く、殺人事件の被害者となる確率はアメリカの6倍以上となっている。近年、ラテンアメリカやカリブ海諸国で凶悪犯罪が増加傾向にあるが、年間1万件以上の殺人が発生する11カ国の中で、約半数となる5カ国がアメリカ大陸(アメリカ、ブラジル、メキシコ、ベネズエラ、コロンビア)にある。

 リオデジャネイロの治安の悪さを象徴するものとして、たびたび名前があがるのがファベーラと呼ばれるスラム街で、公用地や権利関係で係争中の土地に住民が勝手に家を建て、そのまま大きなコミュニティに成長するケースも少なくない。リオ周辺には26のファベーラがあり、リオ市民の4人に1人がファベーラで暮らしているというデータも存在する。ファベーラで使われる電気は、近くの電線から無許可で盗用しているものがほとんどで、電力会社にとっては頭の痛い問題だが、リオのファベーラ内だけで1万以上の商店や企業が存在するといわれており、ファベーラの電力消費量も相当なものだ。

 住民が勝手に住み着いて暮らしているという背景があるため、ファベーラの存在を認知するブラジルの自治体はほとんど存在せず、むしろ「負の象徴」として、外国人には見せたがらない風潮もある。グーグルマップでも、これまでファベーラのある地域は空白になっていることが多かったが、グーグルは1日にリオのファベーラもグーグルマップ内に追加。カメラを付けたスタッフがファベーラ内部で撮影した写真を見ることもでき、ネットでもファベーラの詳細を少しずつ知ることが可能になり始めた。

 ファベーラは貧富の差が激しいブラジル社会を象徴するものだ。ファベーラで暮らす多くの市民が市内で低賃金の仕事に就き家計を支えているが、ファベーラで暮らす住民の中には貧しさから犯罪に手を染める者も少なくない。南米で最大の人口を抱えるブラジルは麻薬の巨大市場という顔も持つが、近年のリオデジャネイロではコカインの取引や、それを原因とするギャング同士の抗争事件も頻繁に発生している。また、ファベーラを拠点とするギャングの中には誘拐を専門とする組織もある。

 ファベーラを拠点とする犯罪組織のリーダーで、ネムという通称で呼ばれていたアントニオ・ロペス受刑者はリオ市内で発生した多くの殺人や誘拐に関与した容疑で2011年に逮捕され、禁固12年の刑を下されたが、ファベーラにおけるネムの人気は現在も高いままだ。ネムはコカイン密売による儲けの多くをファベーラの住民の生活改善に費やした。貧しい家庭には食料から処方箋薬までを分け与え、住民の教育から葬儀まで、日々の生活のあらゆる部分で経済的に援助を行ってきた。ファベーラの住民から「リオのロビン・フッド」と呼ばれたネムは、皮肉にもファベーラ内にブラジル政府ですら実現できなかった福祉社会を作り上げていたのだ。