古谷経衡(著述家)


 1998年に公開された『ピカチュウのなつやすみ』で描かれるポケモンたちが可愛すぎて、当時からハアハアしていたケモナーの私からすれば、スマホでピカチュウとかイーブイを捕獲できるという『ポケモンGO』はまさしく我が意を得たりのゲームであり、すわ『ポケモンGO』ブームと聞いて早速DL(ダウンロード)を試みようと思ったができない。

 どうも、私の使っているKDDIのアローズFJL22という機種は、『ポケモンGO』に非対応とある。高い金を払い機種変をしてまでやるつもりもないし、さりとて逡巡していると任天堂の業績には影響限定と報道され、くだんの会社の株価はS安になるわ、7月半ばから2週間と経たないうちに「ブームは下火」の報道。そこへきて『ポケモンGO』狂騒も7月最後の都知事選投開票の話題で消し飛んだ格好。急激なブームを迎えるゲームは、そのブームの終焉もまた急激だ。『たまごっち』をめぐる狂騒、『たまごっち』欲しさから全国で恐喝や窃盗、強盗の犯罪事案が相次いだ先行事例をもうお忘れか。

 しかしもはや消え入りつつある『ポケモンGO』だが、普段ゲームなど無頓着な御仁が、したり顔で「人種や国籍を超えて世界に広がるゲームは初めて」などという趣旨で論評しているから胸糞が悪い。「人種や国籍を超えて世界に広がるゲーム」は『ポケモンGO』が初めてではないぞよ。当然、『マリオ』シリーズはもとより、アーケードの『ストリートファイター』も1980~90年代当時、人種や国籍を超えて世界に広がった日本産ゲームである。

 だがやはり、「人種や国籍を超えて世界に広がるゲーム」の金字塔といえば、SLG(シミュレーションゲーム)の類であろう。代表的なものは『シムシティ』。米企業マクシスが1989年に発売したこのゲーム、ゼロから自分の描いた街を創造するSLGの金字塔であり、いまなお後継シリーズが発売され、世界中に山のような愛好家がいる。