清義明(フリーライター/オン・ザ・コーナー代表取締役)

 「ポケモンGO」が世界中で社会現象といえる規模の爆発的なヒットとなっているようです。

 先行して世界的にヒットしていた位置情報ゲームである「イングレス」のコンセプトとユーザーがつくったゲームデータに、こちらはさらに輪をかけたモンスター級の世界的なヒットキャラクターである任天堂さんの「ポケモン」をキャラクタービジネス的に配したのがポケモンGOと、まずはざっくり最初に定義しておきましょう。

 その組み合わせの妙は、このゲームの生みの親であるNianticのジョン・ハイケが言うように、チョコレートとピーナッツバターのように相性が良かったというところでしょうか。イングレスはサービス開始後数年間で一千万超のダウンロード数でしたが、ポケモンGOはリリース一ヶ月にも満たない現在で、すでに一億ダウンロードを突破しているそうです。そんなわけで、この炎天下の日本でも、スマフォ片手に路上をポケモンGOユーザーが行きかう光景が日々見られているわけです。
「ポケモンGO」の国内配信が始まり、スマホを手に遊ぶ人たち=東京都、7月22日
「ポケモンGO」の国内配信が始まり、スマホを手に遊ぶ人たち=東京都、7月22日
 これを見て、ビジネスの種を日々捜し求めてやまないマーケッターの皆さんや投資家の方々は、「ポケモンGOは世界を変える驚愕のビジネスプラットフォーム」である、というような進軍ラッパを吹き始めました。昨年までグーグルのお荷物扱いされていた、位置情報ゲームのスピンアウト企画を称揚する高らかなラッパの響きです。しかし、その勇壮な音色に諸行無常の響きを感じ取り、これがひと夏の夜の夢なのではないかという感想を持つのは自分だけでしょうか。

 リリースしてからの、あまりのニュースのなりっぷりに、この業界から足を洗ってから久々にゲームアプリというものをやってみたところの私が、正直なところで思ったのは、このゲームの「驚愕のビジネスプラットフォーム」としての寿命、皆さんがおっしゃるのとは裏腹に、そんなに長くないんじゃないかな、というものでした。

 海外ゲームにありがちな間の抜けたように見えるユーザーインターフェースもアレですし、カメラを使う捕獲シーンもギミックにすぎないし、ボールを投げつけるのにゲーム性があるとは思えない。精度の高い地図を利用しながら街の中を歩いてアイテム(モンスター)を収集するという仕掛けは魅力的ですが、その収集がある程度達成をした後にどうやってゲームを続けさせるのか。それが「ジム」と呼ばれる対戦型のキャラクターバトルなのですが、これは畢竟、強いものだけが楽しめる場所にならざるを得ません。そこはマニアが君臨すれども、ゲーム外にまで波及させるビジネスのフックになりえるかと考えると、じっと手のひらのスマホを見つめて懐疑することになります。

 わたくしがポケモン世代ではないからそういう風に冷めているのかも知れないのですが、しかしよくよく回りを見渡してみれば、本来のポケモン世代は20代のはず。プレイヤーの平均年齢は、どう見てもこれより上ですよね。これはなんなのでしょうか。まあ、これより上の世代も「ドラゴンクエスト」などのロールプレイングゲームなどでならした世代でもありますし、「ビックリマンチョコ」をはじめとする「収集型」のゲーム性に親近感を持っているのではあるのでしょうが。