常見陽平(千葉商科大学 国際教養学部専任講師)

「ヨーロッパに幽霊が出る――共産主義という幽霊である」(『共産党宣言』マルクス、エンゲルスより)

 高校時代に読んで震えた書き出しだ。2016年、幽霊ではないが、モンスターが出現した。「ポケモンGO」というモンスターである。しかも、ヨーロッパどころか世界に。

 ポケモンGOがグローバルな社会現象と化している件はもはや説明するまでもないだろう。ヴァリューズ社の調査によると、日本国内ではリリース後3日間で1000万人がダウンロードしたという(http://www.valuesccg.com/knowledge/report/marketing/022/)。ポケモンが出るという評判の場所に多数の人が押し寄せる、関連株が上昇する(一部は乱高下だったが)、一方で歩きスマホや、熱中している人に対する暴行が問題となるなど、いつも関連するニュースが話題となる。
 郷に入らばポケモンGOということで、私達夫婦もインストールしてみた。今年から介護が始まり、妻は隔週で週末に埼玉の実家に帰っているのだが、ポケモンGOをキッカケに出かけようという話になり、要介護状態となった御父様は、家族でポケモンGO探しに出かけた。『アルプスの少女ハイジ』風に言うならば「クララが立った!」状態だ。もっとも、もともと歩行は可能なのだけど。とはいえ、要介護老人が娘と一緒に外に行きたくなるコンテンツというものはスゴイ。

 ポケモンというコンテンツの活用、Googleから独立した米国企業とのコラボ、据え置き型や携帯型ゲーム機ではなくスマホを利用したこと、リアルとバーチャルの融合、外に出て遊ぶスタイル、地域振興への貢献の可能性、誰にでも遊べるゲームシステム、「ガチャ」などに頼らない課金システム、グローバルなコンテンツなど、同作品が評価される点も皆さんご存知のことだろう。