「ポケモンGO」が開いたARというパンドラの箱

新井克弥

読了まで13分

新井克弥(関東学院大学文学部教授)

世界中が夢中?


 アプリがリリースされるやいなや社会現象となっている「ポケモンGO」。現在、僕はロサンゼルスに滞在しているが、こちらでもこの騒ぎはリリースが日本に先行した7月の初めから始まっていた。とにかく行く先々で人々がスマホを見やりながら歩いているという異常事態が発生したのだ。ポケモンをいくつもゲットできる場所ではかなりの人間が群がっている状態。しかも夢中になっているのは子供だけではない。むしろ20~30代のほうが目立つほど。先日、ディズーランドへ出かけたのだが、ここでも状況は同じだった。ディズニーでポケモン世界にどっぷりつかっているというのは、なんとも不可思議。とにかく人々はポケモンGOに取り憑かれている。それが二週間後に、全く同じように日本でも出現したというわけだ。いや、日本だけではない。ポケモンGOがリリースされた地域ではどこも同じような現象が発生している。ポケモンGO、これは悪魔なのか?

 当然、ポケモンGOにまつわる話題や議論も日替わりで登場する。これらの現象もまたポケモンGOを巡る社会現象を形成している。だが、メディア論的な視点からすると、現在のこのポケモンGOをめぐる騒ぎは決して驚くべきことではない。というのも新しいメディアが出現し、勢いをもった場合には、この手の騒ぎがつきものだからだ。テクノロジー万歳と礼讃するもの。子供に悪い、人々を白痴化させる、怪しげな事件が多数発生していると非難するものなど。「ああ、いつものあれね?」といったところだろうか。早くも「ポケモンGOはピークを過ぎた」なんて、これまたお約束の情報が流れたり。だが、新たなメディアの落ち着き先は、これらの思い込みとは全く異なったところに着地するのが常道。だから、メディアとは何か、そしてポケモンGOとは何かを考えようとする場合には、こうした議論とは付き合わない方が、むしろ現象の真相が見えてくる。
 メディア研究者の立場からポケモンGOを考えた場合、これはとてつもないメディアの出現、メディア機能のパラダイムシフトを促している存在と捉えることができる。ただし、ここでのポイントはポケモンではなくポケモンGOを機能させているARというテクノロジーにある。
セカイカメラの失敗、意味不明のグーグルグラス

ARというテクノロジー


 AR(Augmented Reality)、日本語に訳すと拡張現実となる。Wikipediaの定義をそのまま引用すると「人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉」となる。ちょっとわかりにくいので、ポケモンGOに利用されている技術で確認してみよう。ポケモンGOでは戸外でアプリを立ち上げるとGPSと連動したかたちで独自のマップが登場する。そこをアバター(ユーザーの分身)のポケモントレーナーが、ユーザーの動きと連動するかたちで歩き回るのだけれど、あちこち彷徨っているとポケモンが近くにいることが示される。そこでポケモンにタッチすると画面はカメラ画面に変わり、ポケモンだけがアニメのかたちで現れる。つまりリアル画面にポケモンが貼り付けられていて、しかも動いている。そこでユーザーはやはりアニメのかたちで手前に示されているモンスターボールを指ではじきポケモンをゲットする。

 これは典型的なAR技術だ。リアルな画面にヴァーチャルな画面を貼り付けて連動させ、さながら新しい現実、あるいは拡張されたもう一つの現実として認識、あるいはその環境をコントロールする。このリアルとヴァーチャルの連動が、実に新鮮というわけだ。

セカイカメラの失敗、意味不明のグーグルグラス


 ただし、このテクノロジーだけでポケモンGOが成功した言えば簡単に突っ込みが入ってくる。というのもARを利用したもの、しかもスマホを利用したものはすでに存在していたからだ。2010年に(株)頓智ドットがリリースしたセカイカメラがそれで、これはユーザーが街のあちこちにエアタグというヴァーチャルなタグを使って情報を貼り付けるものだった。一旦、タグづけされたものは、他のユーザーが同じ場所でセカイカメラをかざすことで閲覧することができる。

 当初、セカイカメラはその可能性を非常に期待され、そこそこの人気を博した。期待されたポイントは、こうやってあちこちにエアタグが貼り付けられればそれが集合知となり、多くのユーザーがその場にスマホをかざすことで詳細な情報を入手することができる。そして、このような環境が遍在するようになれば「どこでもドア」ならぬ「どこでも情報」と言った環境が構築され、大きなビジネスチャンスを生み出すと考えられたからだ。つまりソーシャルメディアと同様、リアルにヴァーチャルが付随することでリアルワールドをより活性化できる。だがセカイカメラは2014年1月をもってサービスを中止してしまった。
 同じような試みとして世界的規模でARの展開を図ろうと目論んだのがグーグルが開発したグーグルグラスだった。グラスという名のメガネを装着すると、そのメガネガラスに自分の見ているものの情報が出現するというしくみで、やはりこれも「どこでも情報」を志向したものだった。2013年鳴り物入りでリリースされたものの、結局はまともに日の目を見ることはなく、2015年1月には一般向けの販売を中止した。つまりセカイカメラもグーグルグラスもAR技術を利用したもだったのだけれど失敗に終わってしまったのだ。ところが同じAR技術を用いながらポケモンGOだけは社会現象に至るまでの成功を遂げている。
シンプルでお手軽な「ポケモンGO」

シンプルでお手軽な「ポケモンGO」


 この理由はいくつかの要素が絡んでいるのだけれど、解りやすいように、前述した二つの失敗例との違いから指摘してみよう。

 先ずセカイカメラとどう違うか。セカイカメラを利用していると、だんだんウンザリしてくる事態が発生していた。ユーザー数があまり多くなかったこともあるので、エアタグがないところは全くないという状態だったのだけれど、一方あるところは片っ端からタグづけされていた。秋葉原や渋谷なんてのが典型で、とにかくカオスでしかなかった。ユーザーよってリアルな映像にタグが埋め尽くされたのだ。しかもその情報はユーザーが任意に貼り付けられた管理されていないもの。なので「クソゲー」ならぬ「クソ情報」が多数出現した。有用な情報を確保するためにユーザーは情報を再編集しなければらなかった。そして、それよりもスマホで情報検索した方がはるかに早かったのだ。

 一方、ポケモンGOはカオスではない。集める情報はポケモンだけだ。つまりシンプルイズベスト。そして、これらポケモンの配置についてはある程度、任天堂の方で管理がなされている。つまりカオスにはなっていない(広島平和記念公園に位置しているジムに「ピカドン」と命名されたピカチュウがいて不謹慎だと問題になった程度)。つまり、ものすごくやりやすいというかARの本質的なところ、基本的なところだけを操作すればよい。この「シンプルさの追究」について任天堂は以前から心得ている。1983年、同社がファミリーコンピュータを発売し、これが家庭用テレビゲームの事実上のデファクトスタンダードとなったのは機能を思いっきり削除し、徹底的に操作を単純化してしまったからだ。

 ソフトはカセットロムをスロットに装着するだけ。コントローラーも十字型ボタンと丸ボタン二つ。コントローラーのかたちはペラペラで踏んでも壊れない。しかもコードで繋がっているのでなくすこともない。おまけにコントローラー(二つ)を収納するスロットまでもが本体に用意されていた。一方、他のゲームハードはキーボードを備えていたり、パソコン代わりになったりなど多機能だったが、代えってそれが操作が複雑化し、実態を解りづらくし、ユーザー気を引くことができなかったのだ。ポケモンGOはシンプル+管理、この二つがARという馴染みにくいテクノロジーに人々を引き寄せたのだ。

 次にグーグルグラスとどう違うか。これは言うまでもないだろう。あんなメガネを誰が装着したいと思うだろうか?というより、それだけのためにメガネを装着することの理由が見当たらない。しかもスマホと同価格(というかむしろ高額)。で、なんのために使うのかすらわけらないものに人は食指を伸ばしたりはしない(唯一、わけのわからないもの近年手を伸ばしたガジェットがAppleWatch。これは「Appleだからなんかやってくれるに違いない」というApple信者向けのグッズだったからだろう。ただし、Appleの新開発商品としては売れ行きはすこぶるよろしくない)。

 一方、ポケモンGOは高額でないどころかタダだ(ゲーム内課金あり)。もちろんスマホは必要だけれど、もはやスマホの所有はもはやあたりまえなので、ようするにカネがかからない。で、いつも持っているのでやりたいときにサッと取り出してやることができる。手間いらずなのである。
ポケモンGOが涵養するわれわれのARメディアリテラシー

ポケモンGOが涵養するわれわれのARメディアリテラシー


 こうやって考えてみると、ポケモンGOがわれわれに涵養、つまりジワジワとたたき込もうとしている新しいメディアの姿が見えてくる。それがARなのだ。これまでなんだかわけのわからなかったもの。ところが、これを普段所有しているスマホを使って実にシンプルなかたちでその使い方を教授してくれる、それがポケモンGOなのだ。言い換えれば、われわれはポケモンGOに熱狂しながら、実はARという新しいメディアテクノロジーをわれわれの日常に置こうとしているのだ。
 ARはセカイカメラやグーグルグラスが志向したように、大きな可能性を秘めている。ポケモン自体はエアタグと同じ機能だが、これがセカイカメラのように様々な情報のタグとなったときにはわれわれのメディアライフを変えてしまう可能性が高い。つまり、どこかにいって何かを調べようと思ったときに、まずやろうとするのがスマホのカメラをそこにかざすということになる。もちろん、情報が管理されていること、言い換えればコスモスが用意されていることが前提になるけれど(そうしない場合はセカイカメラの二の舞になる)。

 そしてもう一つ、ポケモンGOのARだけがヒットした理由がある。それは、コンテンツがポケモンだったからだ。30台半ばより下はポケモンに馴染んでいる。当然、ポケモンの遊び方も知っている。それがスマホを利用することでリアルワールドで遊ぶことができる。自分もサトシになれる。だからやりたくなる。夢中になる。だがポケモンGOに熱狂しているとき、ユーザーにはARを操作している認識はこれっぽっちもない。彼らは純粋にポケモンをゲットしている。かつての任天堂のドン山内溥は「人は機械が欲しくてゲーム機器を買うんじゃなくて、ゲームがやりたくて機械を買うのだ」と断言していた。そのとおりで、今回もユーザーはポケモンGOがやりたくてやっているだけ。でも結果としてARを操作している。だから、ARというわけのわからないテクノロジーに恐れることもない。いや、恐れを知らないのだ。だって、いつもの「ポケモン、ゲットだぜ!」なんだから。

 ただし、そこにこそポイントがある。こうやってポケモンGOに熱狂する。もちろん、いずれこのゲームが飽きられるときが来るだろう。ただし、ユーザーに共通して残るものがある。それこそがARを操作するスキル=メディア・リテラシーだ。これが無意識のうちに身についてしまえば、あとはどんなARが出現しようが難なく手を伸ばすだろう。洗濯機を、電子レンジを、そしてスマホを操作するように。先頃アップルのCEOティム・クックはポケモンGOの成功を讃え、Appleが今後AR技術に注力していくことを発表したが、これは完全に正解だ。いずれわれわれはAR世界の中に身を置くことになる。ポケモンGOは、その効用を実感させられた瞬間なのだ。われわれはポケモンGOというコンテンツを借りながらARの使い方のトレーニングを受けている。これが、ポケモンGOがわれわれの近未来のメディアライフに与える大きな変化だろう。

 ポケモンGOはわれわれにARライフとというパンドラの箱を開いたのだ。
(ブログ「勝手にメディア社会論」より2016年8月3日分を転載)

この記事の関連テーマ

タグ

「ポケモンGO」がすぐに飽きられた理由

このテーマを見る