著者 Tom Yam(横浜市)

 昨今の朝日新聞の廃刊論を聞くにつけて、違和感を禁じ得ない。少し立ち止まって考えてみよう。

 と、朝日新聞調の書き出しをしてみましたが、実際に朝日新聞の廃刊を願わない人がどれほど居るのだろうか?と、思いかねないほどの保守論壇やネット界隈の賑わいであります。しかし私としては、今起こっている現象は複雑な背景・複数勢力の思惑などが複合的に混じり合いながら、結果としては「溺れる犬は棒で叩け」的な事をしているようにしか見えないのです。

 ところで、「溺れる犬は棒で叩け」とは、人の弱みにつけ込んで蹴落とす「韓国のことわざ」だという風聞をネット界隈で聞いた事があります。しかし、これは間違いです。本来の意味は中国に由来するが「水を求める犬は狂犬である事が多く、溺れている所に下手に哀れんで手をさしのべれば、こちらが水に引きずり込まれかねない」と言うのが本来の意味のようです。
 そして今、朝日新聞に対して行われている「溺れる犬は棒で叩け」は正しい意味においても、間違った意味においても行われているように見受けられます。以前から、アカ卑・・・朝日新聞の論調に対して異議を唱えていた保守論壇やネット内の不特定多数の個々人、あからさまに朝日新聞のシェアを奪い取ろうと、扇情的なチラシを配布する某新聞。似た論調であったが故に「私は違うんですよ」と主張するようなチラシを作成する某新聞。揃えたように一斉に手のひらを返すコメンテーターや評論家と呼ばれる「電波芸者」や「自称知識人」達。そして、「巨大組織に反抗する俺ってかっこいー」などと勘違いしたまま、有る種のカタルシスを快感として深い考えもなく流れに乗っている人々。

 一応断っておきますが、私個人としては今問題となっている一連の朝日新聞のしてきた事を一切擁護する気はありません。どちらかというと先述の「ネット内の不特定多数の個々人」に入る部類だと思います。しかし、廃刊論があまりにもヒートアップしている事に対して「チョット引いてしまった」のです。

 戦後の日本の論壇が朝日新聞を中心とする勢力により、かなり左に傾いていたのは事実でしょう。そもそも戦前に大政翼賛報道を大々的に行ってきた朝日新聞が生き残るにはGHQによるウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)に完全に添うように手のひらを返すしか無かったのも事実でしょう。また「レッドパージ」「アカ狩り」によって大手マスメディアから職を追放された方が多い事からも解るように、日本においては元々「自称知識人」には左派傾向が強かったのです。

 実のところ、私の知人でも、または身内においてもそのような傾向が強かったりします。そして、その根幹にあるのは、またまた上述した「『巨大組織に反抗する俺ってかっこいー』などと勘違いしたまま、有る種のカタルシスを快感」と感じてしまうところが根幹なんだろうな~等と愚考する次第であります。ある種の陰謀論に傾きやすい人もこういった層に多いように見受けられます。

 さて、話を朝日新聞に戻すと、今日に至るまで「とても真面目に」WGIPを延々と続けてきたわけです。その過程で中国や韓国と「論調」が一致して行くのは当然の流れでしょう。そして言論機関においての「論調の一致」とは「利害の一致」に他なりません。そして左派系の知識人を吸収しつつ、涙を誘うほど「日本人的真面目さ」で仕事に邁進してきたのが昨今の結果である、と私などからは見えてしまうのです。ホントに泣いて良いのか笑って良いのか解りません。

 朝日新聞がここまで「真面目に」暴走してきた一因は、WGIPで有る事はまず間違いないでしょう。それに対して先ず1980年代に韓国が接近してきたと見るのが正しいのではないでしょうか?少なくとも米国から見れば「従軍慰安婦強制連行」などWGIPの格好の材料です。そして次に靖国問題で1990年代に中国が近づき、結果として朝日新聞は「反日新聞」等と揶揄される体質に変わっていったのでしょう。日韓がある程度仲が悪い方が都合が良く、まだ中国を脅威と見なしていなかった米国もこれを看過した・・・とは陰謀論すぎるでしょうか?

 何れにせよ、朝日新聞は営利企業としては大局を見誤ったのでしょう。「ベルリンの壁崩壊」や「ソ連崩壊」に象徴される東西冷戦構造の変化に対応しなかった、もしくは出来なかった。おそらく「対応できなくなる程に社内のイデオロギーが硬直化してしまっていた」のではないでしょうか?

 そして今日、中国が(皮肉な事に、左派が主導した日本の援助によって)海洋進出をもくろむ程に力を付けるに至って、完全に潮目が変わったのです。一時は米中蜜月などともてはやされた物の、そんな物が長持ちするはず無いのは誰の目から見ても明らかだったでしょう。今や、東アジアにおける日米の仮想敵国は完全に北朝鮮と中国です。更に朴槿惠政権によっては韓国まで含まれる可能性まで出てきてしまいました。しかも、米軍は軍縮の折、日本に対して東アジアでの軍事プレゼンス強化せよと、本来米軍が担っていたプレゼンスの一部を譲渡する方向にまで進んでいます。

 この期に及んで、さすがの朝日新聞(の一部)も「ようやく気がついた」のが、先の「従軍慰安婦報道記事の取り消し」だったのではないでしょうか?陰謀論的に言えば米国が「もうWGIPは必要ない。お前らはやりすぎた」とでも通達した・・・とでも言えば良いのかも知れません。個人的には朴槿惠政権の離米随中が大きく寄与しているような気がします。何れにせよ「従軍慰安婦報道記事の取り消し」は朝日新聞上層部主導で行われた事は間違い有りません。

 しかし、「(の一部)」に過ぎないのが、さすが我らの(?)朝日新聞と言ったところでしょうか。従来のイデオロギーで突っ走った結果の「吉田調書問題」。「保身」に走った「池上氏記事の不掲載問題」等々。言論機関において硬直化したイデオロギーを覆す事などそう簡単でない事は容易に想像できます。そもそもイデオロギーは「言論の集積」であり、それは言論機関においてはその存在そのものであります。果たして、そんな物を覆しうるのでしょうか?

 もちろん可能です。出来ないはずが無いじゃないですか。なぜなら朝日新聞には「実績」があるからです。「大政翼賛報道」から「反日報道機関」に華麗に転身した実績が。

 おそらく今後、朝日新聞の報道は迷走を極めるでしょう。彼ら自身何を指針に書けばいいのか解らなくなってしまったのです。それこそ「狂犬」のように、あらゆる物に噛み付くかも知れません。(そう言えば既に取り下げた物の、色んな所に「抗議文」と言う形で噛み付いていましたね。)

 ですから私としましては、「溺れる犬」にわざわざ近づいてまで棒で叩く必要はないと思います。勝手に溺れ死ぬならそれまでのこと。自ら這い上がってきた時にどのような報道機関になっているのか?それを遠くから眺めていた方が、よほど「韓国的」でもなく「中国的」でもない「日本人らしい姿勢」ではないでしょうか?