春日良一(スポーツコンサルタント)

 リオ五輪が聖火台の火を消し、閉会した。日本は史上最多のメダル41個を獲得したことで喜びに沸いているが、選手強化という観点から言えば、金メダルの数こそが当然重要になる。リオ五輪で日本は12個の金メダルを獲得した。1964年の東京、2004年のアテネの16個には及ばなかったが、1972年ミュンヘンの13個に続く数字である。そもそも国別メダルランキングなるものは五輪憲章が否定している。だが、その国のスポーツ力を測る指針としてメダル数を考えるならば、金メダルの数が参照されるべきである。一番と二番の差は大きく、トップの座を射止める力こそスポーツ力の証明となるからだ。

リオ五輪の閉会式で、入場する日本選手団。
日本は史上最多41個のメダルを獲得、
2020年東京五輪に夢をつないだ(共同)
 前回大会のロンドン五輪の7個から12個への飛躍は、確かに成長としてとらえてもいいだろう。その要因はどこにあったのか。ナショナルトレーニングセンターの設立と活用、2020年東京五輪へのモチベーションと強化プランなど様々な外的要因が挙げられるだろう。もちろん一つの要因が全てを説明できるわけではない。そこで、私は選手団本部の経験者としての視点から考えたい。選手がその力を発揮しなければならない現場にある選手団本部が、どのように選手に関わるか。その関わり方が地味でありながらも、メダルの結果に少なからず繋がっているように思えるからである。

 一体、選手団本部とは何か。日本オリンピック委員会(JOC)は五輪やアジア大会への参加のために日本代表選手団を形成するが、その構成の中心に本部と呼ばれる統括的機能を設けている。本部は選手村内に設置され、選手と役員を24時間体制でケアする。

 1982年、インドはニューデリーで開催された第9回アジア競技大会の日本代表選手団本部が私にとって初めての選手団体験である。選手団本部は団長、副団長、強化担当役員、総務担当役員、渉外担当役員などが設けられ、その下に本部員が配属されて選手団運営に関わる。私は渉外担当として、組織委員会や各国選手団との折衝が主な仕事であったので、アジア大会が重視する文化交流に重きを置いた活動が中心であった。

 しかし選手団役員にとって、最も大事なことはメダルの数、特に金メダルの数であった。それに気づくには一日とかからなかった。それまでアジアトップの座を譲らなかった日本が、この大会で中国に越される可能性があったからだ。それで団長以下、競技の結果に一喜一憂する姿を日々見ることになった。本部室の壁には金メダル、銀メダル、銅メダルの大きな一覧表が作られる。金を取ればそこに選手名が書かれる。まるで国政選挙の政党開票センターにいるかのようだ。