上念司(経済評論家)

 経済を発展させるためには、「人々が自由に商売する環境」が必要だ。なぜなら、多くの人が自由な発想で商売することでたくさんのアイデアが生まれるからだ。生まれたアイデアは市場競争によって淘汰される。生き残ったアイデアが正解だ。

 これからどのような産業が発展するのか、最初から答えを知る者はだれもいない。その答えは、競争による淘汰によってしか得ることができない。厳しいようだがそれが経済の掟である。要するに、一番儲かるアイデアを考えた奴が勝ちということである。

 しかし、その勝ちは永遠ではない。なぜなら、ひとたびそのやり方が儲かるとわかったら、多くの人がその産業に参入してくるからだ。例えば、東京ラーメン戦争において一昔前には勝ち組だった「なんでんかんでん」が2015年にフランチャイズも含めてすべて閉店したのがいい例だろう。

 では、時の権力者は経済を発展させるために何をすべきだろうか? このような自然淘汰のみが経済を発展させるのであれば、それが効率よく繰り返し行われる社会を作るしかない。多くの人がリスクを取って独自のアイデアで起業できる社会。そういう社会のインフラが整備されてこそ、経済は発展する。そのためには、取引に制限があってはいけないし、商売で得た利益はリスクを取った人に還元されなければならない。これらをまとめて「経済のインフラ」と呼ぶことにしよう。簡単にまとめると、次の3つのポイントに集約される。

① 物流の自由
② 決済手段の確保
③ 商取引のルール整備

画像はイメージです
画像はイメージです
 関所を超えるたびに税金を取られたり、物々交換で貨幣が使えなかったり、起業するのに特定の身分である必要があったり、商品が輸送中に頻繁に強奪されたり、売買代金の踏み倒しが頻繁に発生したりする国では経済は発展しない。はっきり言って効率が悪すぎる。中世以前の日本はまさにそういう時代だった。

 なぜなら、中世以前において、これら「経済のインフラ」を担っていたのは時の政権ではなかったからだ。室町時代末期の戦国時代の混乱で、全国を統一的に管理する「政府」がなくなってしまい、その機能は代替したのは地方の軍閥や寺社勢力である。よって、中世以前において商業を営んでいたのは専業化した商人ではない。