碓井真史(新潟青陵大学大学院教授)

 夏の終わりの恒例番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)。今年で39回を迎えた。もはや季節の風物詩だ。いつもなら夜中のドキュメンタリー番組に出てきそうな「障害者」の問題を、ゴールデンタイムに放送する。人気アイドルと共に頑張る障害者の姿は、視聴者の感動を誘う。視聴率もほどほど良い。

 一方、NHK教育テレビの「バリバラ」。この番組もユニークだ。近年のNHK教育テレビは攻めてきている。微妙な障害者問題を、まるでタブーなどないかのように表現する。真面目な話題を、ちょっと笑いにしたり、少し斜に構えたりして取り上げる。

 さて、今年の「24時間テレビ」の裏の時間帯で、NHKはますます攻めてきた。「笑いは地球を救う」だ。明らかに、「24時間テレビ」をパクっている。スタジオのセットもロゴもTシャツも。そして「検証!<障害者×感動>の方程式」がテーマだ。番組の中では、「感動ポルノ」などという言葉まで登場する。
「笑いは地球を救う」というキャッチフレーズを掲げたNHKEテレ「バリバラ」
「笑いは地球を救う」というキャッチフレーズを掲げたNHKEテレ「バリバラ」
 ある報道では、NHKが「24時間テレビ」を痛烈批判などと表現していたが、違うだろう。これはパロディーだ。「笑い」なのだ。

 「障害者」とはなんだろう。それは、社会的弱者。それは、マイノリティ。それは、かわいそうな人。それは、同情の対象。それは、頑張っている人。それは、清く貧しく美しい人々。

 ポルノとは、猥褻(わいせつ)な文学、絵、写真の事だが、最近はもっと広い分野でこの言葉を使う人々がいる。たとえば「フードポルノ」は、料理をことさら魅力的に表現するものだし、「キャリアポルノ」は読んでいると気持ちよくさせてくれる自己啓発書などを指して言う。

 障害者ポルノ、感動ポルノは、障害者の物語をことさら魅力的に仕立て上げ、作られた感動を押し付けるようなものだろう。

 しかし、頑張っている障害者を感動的に紹介することの何が悪いのだろうか。いや、これは悪くないだろう。けれども全ての障害者が頑張っているわけではない。障害者はみんな頑張っているというのなら、健常者だってみんな頑張っている。