今一生(ライター、編集者)

 「~ポルノ」という言葉は、いくつもある。いかにも母国に誇りを持てそうなネタを仕組んで愛国心を刺激しようとする「愛国ポルノ」。ふられた人が、かつての交際相手の恥ずかしい情報を公開しては、相手を貶める文脈を作り上げる「リベンジポルノ」。サクセス・ストーリーに酔わせて自己啓発させる本は、「キャリアポルノ」と呼ばれている。

 そして、多数派を気持ち良くさせる意図によってマイノリティ(少数者)を英雄視させるいやらしい表現は、「感動ポルノ」という。

 今年、障がい者の感動ネタで寄付金を釣る日テレの『24時間テレビ』の放送時間に、NHKの番組『バリバラ』(バリアフリーバラエティ)は、「笑いは地球を救う」という番組をぶつけてきた。そして、はっきりと『24時間テレビ』を感動ポルノだと批判した。

 いかにも「お涙頂戴」だったり、ふつうのことをしただけで笑顔でほめまくるような感動シーンで障がい者を持ち上げてみせる番組は、障害を持つ当事者の9割を不快にしていたのだ。

 それは、番組で紹介されたアンケート(※画像リンク)で明らかにされた。感動ポルノに対して、当事者ではない健常者は鈍感だが、障害者の多くは嫌いだった。これで、『24時間テレビ』の番組制作が当事者の声を反映したものではないことがハッキリした。

 当事者の声は、当事者に聞かなければ、わからない。わからないうちから一方的に相手のニーズを決めつけることは、テレビ番組の制作現場ではよくあることだ。これは、NHK Eテレの自殺関連の番組にもいえることだし、全国紙の新聞にもいえることだ。

 では、なぜテレビや新聞といったマスメディアは、障害者を「同情すべき人」あるいは「感動を与える存在」に仕立てあげてきたのか? その問いを考える前に、「感動ポルノ」の言葉で問題提起したジャーナリスト兼コメディアンの故・ステラ・ヤングさんのTEDでのスピーチを約10分間、観てほしい。
 ステラさんは、「障害は悪いことではない」と言い、「障害があってもがんばれ」という美談がはびこっている現実を指摘する。そのように特定の存在を感動の対象にすることによってトクする人がいる、とも言っている。

 「自分はまだ恵まれている」と健常者に思わせるために、障害者が存在しているかのような誤解が正当化されているが、「私たちが乗り越えたいのは、障害そのものではない。社会からもたらされる障害(=みんなが私たちを特別視すること)は身体や病状よりひどい」とステラさんは言う。