午堂登紀雄(エデュビジョン代表取締役)

自宅以外の不動産を購入し、家賃や売却益などから利益を得ることを目的とする「不動産投資」。最近、その不動産投資がブームとなっている。現役世代のサラリーマンの中には、「忙しいから」「マンションを買えるほどの現金がないから」と、なかなか手を出せない人も多いだろう。しかし、そんな人にこそ、不動産投資はお勧めだという。個人投資家としても多くの物件を所有する午堂登紀雄氏に、失敗しない投資のコツをうかがった。

今から始めるべき3つの理由


 今、注目を集めている不動産投資ですが、私はかねてより「サラリーマンこそ、不動産投資に向いている」とお伝えしています。

 主な理由は3つあります。

 1つ目は、サラリーマンは銀行でローンを組みやすいこと。投資にはローンが不可欠ですが、「毎月給料が入る」というだけで、銀行は信用してお金を貸してくれるのです。

 2つ目は、副業禁止規定に違反しないこと。なので、副業禁止の会社に勤めていても、あまり大規模でなければ誰でも可能です。

 そして3つ目は、老後対策にもなりうること。定年退職後の収入は基本的に年金のみ。しかも将来は、その年金すら当てにならないかもしれません。家賃として毎月少しずつでも収入があると安心だし、生活設計も立てやすいはずです。
 しかも現役のうちにローンを完済すれば、老後の家賃収入はすべて自分の手元に残ります。物件も自分の資産になるので、値段は下がったとしても、売却すればやはりキャッシュを得られます。

 さらに言うと、団体信用生命保険に加入すれば生命保険代わりにもなるし、節税手段としても活用できます。

 銀行からの融資で家賃収入という不労所得が得られるうえに、資産形成ができる。1回の投資で2度3度とおいしい思いができるのが、不動産投資なのです。

 それでも「本当にこれから不動産投資を始めても大丈夫なのか」と迷う人は多いようです。

 よく質問されるのが、「これから日本は人口が減少して、賃貸住宅の需要も低下するのでは?」ということ。確かに「空き家が増えている」という話はよく耳にしますが、この問題が発生しているのは主に地方です。むしろ都市部は人口が増加しています。

 それに人口が減っているとはいえ、たとえば首都圏は3500万人が暮らす世界有数の人口集積地です。また、東京都は都心や臨海地域を「アジアヘッドクォーター特区」に定めるなど、積極的に外国企業の誘致を行なっています。ビジネス拠点、生活拠点としての東京の魅力は、今後もますます高まるはずです。