長谷川豊(フリーアナウンサー)

 皆さん、ご存知でしょうか?子どもの貧困を特集したNHKの報道番組に、批判の声が集中しています。「子どもの貧困」の例として登場した高校生が貧困とは程遠い生活をしていたことが、指摘されているようです。どうもNHK側のやらせなのか、この女子高生がウソをついていたのかはわかりませんが、とにかくテレビ上で「1000円のキーボードを買ってもらって努力しましたが…」なんて悲しそうに話していた女子高生は、自らのツイッターでアニメグッズなどを買いあさって散財していたことを自慢気に話していたのでした。

 私は、実はこの特集をリアルタイムで見ていました。 で、今ネットなどで言われている視点とは全く「違う視点」で、違和感を感じていた人間なのです。う~ん…このNHKの制作者の視点って…あまりにも子供じみているというか、言いたいことは2点あります。
NHK金沢放送局
NHK金沢放送局
 私が違和感を感じたのは…この女子高生が特集の最後に言う言葉なんですけれど、 「努力した人間が、その努力の分、評価される社会にしてほしいです」と話していた点なんです。甘えるのも大概にしてほしいのですが、人間は生まれながらに「不平等」です。人間は単体でそれぞれが違います。能力の高い人間がいますし、能力の低い人間がいます。アホみたいに何でもそろっている人間もいますし、生まれながらにして何にも出来ない人間もいます。だからいいのです。それが社会なのです。努力した分評価して欲しい?幼稚園児か。

 高校生くらいになれば、ちょっと意見は変わらないかなぁ…。ちょっとあまりにも痛いというか、高校生がこんな子供みたいなことを言って、それを垂れ流しにしているNHKってどうなんだろうか、と。むしろそちらの方に気を取られてしまったのです。あの発言って…特集の〆にもってくるレベルの話か?どんな青臭いディレクターの作品なんだか…。

 社会は厳しいです。世界は残酷です。そんなこと、高校生にもなれば、誰でも知ってる話です。福山雅治はほっといてもモテるんです。な~んにもしなくてもモテるんです。あれだけカッコよくてあれだけ喋りも出来てモテない訳ないでしょうが。私が1万年努力したって福山になんて慣れないんです。イチローは野球が上手いです。 私が「野球選手になりたいな~」って思って、本当にイチロー選手と同じだけ努力しても絶対にアメリカで3000本安打なんて打てません。打てないんです。才能がないから。生まれつき、私はイチロー選手とは違うからです。