藤本貴之[東洋大学 准教授・博士(学術)/メディア学者]

メディアゴンより転載)

 8月18日にNHKで放送された報道番組「NHKニュース7」での特集「子どもの貧困」。同番組で紹介された進学を断念した「貧困女子高生」。一人一台が当然のように思われているパソコンさえ用意できず、「(本体は買えないけど)キーボードだけ」を買い与えられたという中学生時代のエピソードは強いインパクトを残した。

 ドラマに出てくるような貧困状態が、日本にも存在している現実を紹介する・・・はずだったNHKの同番組。しかし、当該女子高生のTwitterが特定され、その過去のポスティングが明らかにされると、一転、いわゆる「貧困」とは思えない消費生活が指摘され、番組の虚偽的内容に非難が集中した。

 騒動が発生して以降、「貧困女子高生」を批判する側も、擁護する側も「彼女は本当に貧困であるのか、そうではないのか」といった議論ばかりが目につく。「貧困ではない=捏造」、「貧困だ=捏造ではない」というロジックだ。

 この騒動に対し、参議院議員・片山さつき氏までがNHKに説明を求め、その回答として22日に次のようなツイートをした。

 【本日NHKから、18日7時のニュース子どもの貧困関連報道について説明をお聞きしました。NHKの公表ご了解の点は「本件を貧困の典型例として取り上げたのではなく、経済的理由で進学を諦めなくてはいけないということを女子高生本人が実名と顔を出して語ったことが伝えたかった。」だそうです。】@katayama_s

 しかし、今回の騒動には、このような「捏造の有無」「演出の是非」の議論よりももっと根深い病巣が垣間見れる。今回の騒動が示す問題の本質は、「貧困女子高生」の貧困レベルと番組の虚偽性の有無を関連付ける部分にはないように思うからだ。嫌な話だが、テレビの捏造など、演出の程度問題を含め、NHKに限らず「よくある話」だろう。

 では何が問題の本質なのかと言えば、番組を制作したNHKが、公共放送という看板で運営しながらも、報道番組とは言い難い客観性の乏しい「前提ありき」の主観的なストーリーを組み、報道番組としてお茶の間に届けているという「コトの重大さ」に気がついていない、と思える点だ。

 それは、片山氏へのNHK側からの返答からも見て取れる。あくまでも、「貧困ではない=捏造」「貧困だ=捏造ではない」のロジックに基づいている。これではネット民たちの議論と変わらない。

 「前提」が一般国民の感覚や日本の現実を反映したものであれば良いが、残念ながらそうではない。筆者には、NHKの番組制作者たちの現実離れした感覚と、現状把握・分析能力の低さこそに、問題の本質があるように思える。