長谷川豊(フリーアナウンサー)

 蓮舫氏が民進党の新代表に選出された。まぁこれはすでに聞いていた話なので別に驚きはしないが、まずは野党第一党の党首就任に、祝福とエールを送りたい。

 それにしても、この中間「自称:自民党応援団」の下品なヤジのうるさいこと、うるさいこと。ああいう連中って、本当にまだ気づかないのだろうか?自分たちの品のないヤジが、実は一番自民党のダメージになっていることを。「うわー、自民党応援団、気持ちわる~」って思われていることに気付けないのか?
挨拶回りで民進党を訪れ、蓮舫氏(左手前)と握手する自民党の二階俊博幹事長(右)=国会内(斎藤良雄撮影)
挨拶回りで民進党を訪れ、蓮舫氏(左手前)と握手する自民党の二階俊博幹事長(右)=国会内(斎藤良雄撮影)
 そもそも、蓮舫氏はどう見ても日本の政治家。多重国籍を認めていない段階で、世界の流れ・常識からは恥ずかしほどにおいていかれている価値観であるにもかかわらず、はるか昔に話した内容を引っ張り出しては懸命な揚げ足取り。今回の民進党代表選で大切なことは「日本をいい方向に導いてくれるかどうか」の一点だけだ。

 そもそも、私のようにはるか以前から安倍政権の支持を表明している人間にとっても、昨今の自民党の緊張感の無さは目に余るものが多い。最たるは先の参院選であった。

 乙武って…。超簡単な身体検査をすれば、どんな女性関係だったか分かるはずだ。その程度をしていなかったことが明らかになった。で、代わりにバレーボール選手の朝日健太郎氏だ。別に朝日氏を責めるわけでもなんでもないが、やはり『知名度重視』の雰囲気を感じざるを得なかった。

 私は政治家は「政策で選ぶ」ものだと信じている。それは今回の民進党の代表選も同じだ。民進党をどう導くのか。民進党が何をやってくれる政党なのか?もう、レベルの低い「反・自民」とか本当に辞めてほしいのだ。文句言ってても日本なんて前に進まないだろう。

 子供にお金を注ぎたい!分かる。その方向性は間違っていないはずだ。が、民進党は昔、子ども手当を出そうとした。しかし、無駄の削減だ、何だと偉そうなことを言いながら、出来なかった。なぜ出来なかったのか?その総括もしないで、看板だけ架け替えた。総括もなく、本当に蓮舫氏が代表になって何か出来るのかどうか…。そもそも、事業仕分けで何も出来なかったのが蓮舫氏その人ではないか。代表になったら何か出来るのだろうか。

 「自称・自民応援団」のネット上の下品な連中があれだけ必死になって叩いてイチャモンをつけていたのだ。まぁ想像するに、自民党内部としては「民進党の新代表:蓮舫氏」に多少は警戒をしているってことだろう。そりゃあそうだ。前原氏であれば、一捻りできるだろうし。岡田・枝野コンビを自民党が陰ながら大声援を怒っていたのと同じ現象か。

 政治に緊張感が必要なことは一人の国民として痛感している。今のままじゃダメだ。小池百合子氏が、ここまで、驚くほどの政治手腕を見せている。このまま頑張ってほしい。反小池軍団だった我々も(笑)認めざるを得ない活躍となりつつある。蓮舫氏も「女性リーダーブーム」に乗ってぜひ頑張ってほしい。台湾との二重国籍は不注意だった。しかし、しっかりとこの問題に対処して、民進党も素晴らしい野党第一党に成長させてほしい。(長谷川豊公式ブログ 2016年9月15日分を転載)