織田信長の次男として生まれた信雄(のぶかつ)は、偉大な父を持ちながら有能な武将とはいえなかった。

 伊勢の名門である北畠氏の養子に送り込まれたが、信長に無断で伊賀国を攻めて大敗し、大目玉を食らっている。本能寺の変が勃発し、有能な嫡男だった信忠(のぶただ)が父とともに憤死すると、近江方面に出兵はしたものの戦うことなく撤退。さらに父が築いた天下の名城・安土城に火をかけて全焼させてしまったのも大失態だ。

 織田家の後継者を決める清洲会議で自分がその座に就こうと画策したが、信忠の嫡男・三法師(さんぽうし・後の織田秀信)を擁する羽柴秀吉に主導権を奪われた。後継者をめぐっては、信雄とは犬猿の仲だった信長の三男・信孝との争いとみられていた。信孝には柴田勝家という強力な味方もあったのだが、結局は漁父の利を狙った秀吉にしてやられた形である。

 信雄にもう少し狡猾さがあれば、信孝と手を組んで秀吉の勢力をそぎ落すこともできたはずである。2人は信長の血統を引く存在なのだから。しかし、逆に秀吉にライバル心をうまく利用されてしまったのだ。

 さらに秀吉が柴田勝家と争った際は、信雄は秀吉に操られ、勝家に呼応して岐阜城に籠った信孝を攻めることとなり、信孝は自害。ここでようやく、自分が秀吉に利用されていることに気づく。立場が危うくなったことを悟った信雄は、徳川家康に援軍を仰ぎ、ついに秀吉と対決する。小牧・長久手の戦いである。

 ところが、信雄は家康に無断で単独講和を結び、以降は秀吉に臣従した。小田原攻めの後、信雄は秀吉から旧徳川領への移封を命じられるがこれを拒否。「尾張の地を離れたくない」とダダをこねたのだが、内心では織田の家臣だった秀吉に反抗したくなったのだろう。信雄は秀吉に改易を命じられ、百万石もの所領をあっさりと失ってしまったのだ。

 リストラされて大名の座を失った信雄は、下野からさらに出羽へと配流されながらも、しぶとく生き残る。信長の息子というプライドを捨て去り、家康の仲介で配流処分を解かれると、茶道に傾倒。一方で御伽衆(おとぎしゅう)として秀吉の話し相手を務めた。野心を捨てたように見せかけたが、関ヶ原では西軍に近い立場をとってまたも改易された。

 ただし大坂の陣では徳川方に転身し、家康から5万石の所領を与えられた。晩年は京都に隠居し、茶道やタカ狩りをたしなんで悠々自適の日々を過ごした。逆転人生とまではいえないが、「暗愚の将」と呼ばれながらも、73歳の長寿をまっとうし、織田の血脈を後世に残したことだけは、評価できるかもしれない。
 (渡辺敏樹/原案・エクスナレッジ) 夕刊フジ