原点は伝説のギャグ漫画 「こち亀」が警察ネタでヒットしたワケ

『呉智英』

読了まで6分

呉智英(評論家)

「長距離ランナー」の偉業


 「少年ジャンプ」連載の秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が連載四十年、単行本全二百巻を期に完結する。偉業である。単一作品で最も巻数の多いマンガとしてギネスブックにも認定された。国際的にも名声が高まることになるが、紹介・言及する時、この書名はどうするんだろう。『Kochira・・・』とそのまま長々と書いても、略称で『Kochi-Kame』としても、どっちみち外国人には通じないし、といっても『Hello,This is・・・』と英訳すればいいというものでもなかろう。なんだか嬉しい悩みがマンガ界に起きそうな気配だ。

 四十年の長期連載というと、これに肩を並べるのは「ビッグコミック」連載のさいとうたかを『ゴルゴ13』ぐらいだろう。『ゴルゴ13』は、一九六八年連載開始だから四十八年の連載である。ただ、「ビッグ」は月二回刊誌(隔週刊誌とほぼ同義)だから、単行本は現在百八十巻ほどである。興味深いことに、両作品とも休載が一度もない。これもまた偉業の両雄と言えよう。

(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社
 『こち亀』連載開始時、秋本治は当年二十四歳の新人マンガ家であった。事実上のデビュー作であり、それが代表作にもなっている。若い読者にはあまり知られていないことだが、連載当初、作者名は「山止(やまどめ)たつひこ」となっていた。単行本も古い版では六巻まで山止名義であり、この名義の単行本はマニアの間では珍重され、古書価も高くなっている。

 作者名改正の理由として、山上たつひこから抗議があったからだとされている。「少年ジャンプ」第三代編集長、西村繁男の回顧録『さらばわが青春の「少年ジャンプ」』には、その経緯が次のように記されている。「このペンネームは、『少年チャンピオン』に連載され評判になっていたギャグ漫画『がきデカ』の作者山上たつひこをもじってつけたものだった。投稿原稿の一回こっきりのペンネームとして作者は考えていたが、入選作を掲載してみたら、読者の反応がすこぶる強いので、急遽連載にふみ切ったのである。しかし、山上氏より、まぎらわしいからとペンネームにクレームがつき、昭和五十二年の秋に、本名の秋本治に変更することになる」

 山上たつひこからのクレームなるものがどの程度のものであったのか、文面からはよく分からない。作者当人はさほど気にもしていなかったが、編集部や出版社の版権管理部の強い意向が働いた可能性もある。というのも、秋本治名義に改正されている現行版『こち亀』第一巻でも、最終章名は「山止たつひこ笑劇場 交通安全76」のままだからである。
長期連載の理由は初期設定の良さにあり

 ともあれ、秋本治自身は、当時驚異的人気を誇っていた山上たつひこ『がきデカ』を愛読し、一種のパロディー作品を描こうと思ったのだろう。新人マンガ家が尊敬する先輩マンガ家に憧れることは自然である。このことはギャグの作り方にも表れている。

 『こち亀』の描線は、伝統的なギャグマンガの描線とは違い、劇画系の描線である。伝統的なギャグマンガ(ユーモアマンガ、ゆかいマンガなどと言った)の描線は、太さが均一で、省略法が多用され、輪郭線は閉じている。簡単に言えば、「略画」なのだ。

 しかし、一九七〇年代前半に、劇画系の描線で描くギャグマンガが登場し、爆発的な人気を博した。山上たつひこの『がきデカ』であり、これとほぼ同時期の楳図かずおの『まことちゃん』である。ギャグ大王と呼ばれた赤塚不二夫でさえ『天才バカボン』などでわかるように、伝統的な描線であった。秋本治は、この点でも山上の系譜に属している。

(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社
 『こち亀』長期連載の理由は、初期設定の良さだろう。主人公が型破りの警察官、両津巡査長である。巡査長とは警察官の階級で下から二番目、ただし正式な階級ではない。駆け出しの新人ならともかく、二十代後半か三十代初めとおぼしき両津は、出世に興味がないということになる。ただし、ギャンブルや酒、少年誌だから露骨には描けないが、加えて女に興味がある。感情むき出しで粗暴なふるまいをする半面、おっちょこちょいの好人物でもある。

 これを取り巻くイケメンの伊達男の中川、鈍重な寺井、凶暴でヤクザまがいの戸塚・・・、連載数回でこれだけの役者をそろえた。どんな話でも演じさせられることになった。実際、その時ごとの流行物を巧みに取り込んだし、登場人物の入れ替えも適宜行っている。

 掲載誌「ジャンプ」の発行部数は、『こち亀』開始時が百八十万部、それ以降伸びが著しく、一九九五年には、六百五十万部に達した。現在は二百二十万部前後である。しかし、『こち亀』は常にアンケートで中央値を確保し、全掲載作の基準作ともなっていた。瞬間値でトップを取るのも十分に栄誉だが、四十年間、時代の変化にふり回されず安定的に笑いを演出できたのは並みの才能ではない。秋本治は偉業を成し遂げたと言っていいだろう。 

この記事の関連テーマ

タグ

「こち亀」が日本人に愛され続けた理由

このテーマを見る