鈴木涼美(社会学者)

 オトコを街に例えるとして、分かりやすく六本木や霞が関や渋谷や歌舞伎町のオトコなんていうのは顔が浮かびやすく、当然、オンナとしてはそういう男たちに愛されたい。逆に北海道や大阪なんていうのもまたそれはそれでオンナとしては愛されて損はないというか好きなひとは好きという感じがしなくもない。蒲田とか綾瀬とかのオトコも私は個人的に嫌いじゃない。葛飾区っぽいオトコってどんなだろうか。中肉中背の郵便局員、あるいはスーパーの店員。さしずめそんなところであろう。
JR亀有駅前にある制服姿の両さん像。横断歩道を挟んで背後にあるのがモデルとなった北口交番
JR亀有駅前にある制服姿の両さん像。横断歩道を挟んで背後にあるのがモデルとなった北口交番
 こち亀の主な舞台は葛飾区である。葛飾区、響きからして冴えない区である。私は新聞記者時代、地方行政の取材をしていて担当は東京都と23区のいくつか。都庁担当の記者数人が23区をそれぞれ5~6区担当するのだが、当然話題が豊富な渋谷区や港区、千代田区や新宿区というのが記事も書きやすいし人気なわけで、次点としてスカイツリー建設中だった墨田区や、商店街振興なんかが暇ネタになる品川区、人口急増してこの時代に珍しく学校新設なんかがされてる江東区、待機児童ネタがつきない世田谷区、都の文化施設が結構あって何かと改修されたりする台東区なんかがあった。バランスがいいように、各自の担当は人気区が1~2個、次点が2~3個、などと分かれており、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区、杉並区など、別に住んでもいいけど記者的にはそんなに食指が動かない影の薄い区がおまけでくっついてくるというのが定石だった。

 というわけで私は、渋谷・新宿・品川・世田谷のほかに葛飾区と大田区も担当することになり、生まれて数回目に京成線に乗って立石にある葛飾区役所なんかを訪問したりなんかした。東京って広いので、新宿スワンも東京、六本木心中も東京、こち亀も東京である。葛飾区に関する記事で、次年度予算の事業計画の他に書いた記憶のあるのが、亀有駅周辺に、区がこち亀の銅像を設置したという話と、それが何者かによって故意に破損されたという話である。で、亀有駅なんて一生降り立つことはないと思っていた駅で降りて銅像の写真を撮ったり、記者クラブへのおみやげにこち亀饅頭的な物を買ったりしたものである。