正しく通俗であるがゆえにリアル 「こち亀」が日本人に教えたもの

『大月隆寛』

読了まで6分

大月隆寛(民俗学者、札幌国際大学人文学部教授)

 通称「こち亀」。この短く端折った呼ばれ方こそが、今様読み物文芸としてのニッポンマンガの栄光である。

 人気マンガ作品がこのように略して呼びならわされるようになったのは、概ね80年代末から90年代にかけてのころである。週刊『少年ジャンプ』の600万部以下、週刊誌でのマンガ商品がそのようなとんでもないオーダーで流通し消費されるようになった戦後ニッポンマンガのまさに黄金時代。そういう当時の情報環境があって初めて「スラダン」「ゴー宣」その他、人気を博したマンガ作品にこのような呼び方が当たり前にされるようになっていた。

 連載開始以来今年で40年、ということは当時でもすでに20年ほどたっていたことになる。そして、その間必ずしも第一線の人気を維持し続けていたとは言えない作品が「こち亀」と呼ばれるようになったのも、毎週の人気投票で生き残りが決められる最も苛烈な『少年ジャンプ』という舞台で、今日までしぶとく粘りに粘って生き残っていたからに他ならない。まずはこのことを、あの両さん以下「こち亀」世界の住人たち、そして作者の秋本治さんのために喜びたい。
「週刊少年ジャンプ」連載の人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が連載が終了すると明かされ、漫画の舞台となったJR亀有駅近くの両津勘吉像と写真を撮るファン=9月3日夕、東京都葛飾区 -
 とはいえ、すでにこの「こち亀」の終了をめぐっては、専門家も含めていろんな方がそれぞれの視点でコメントしている。ここでいまさら屋上屋を架すのも野暮、ということで一点だけ。「こち亀」はいま、この時期に自ら幕を閉じてみせることで、マンガが正しく「通俗」であることに改めて思い至らせてくれた、このことをちょっと述べておきたい。

 足かけ十数年、延べ140本以上のマンガ作品を取り上げてきたテレビ番組『BSマンガ夜話』でも、「こち亀」は扱っていない。何度か候補にあがってはいたけれども、結局流れたのは、分量が多くて出演者がきちんと読み込むのが大変という物理的な制約とともに、やはりどこかで「連載」モノ、殊にこのような長期連載となったある種の国民的規模での「おはなし」が必然的に帯びざるを得ない、ある種の通俗性に対して敬して遠ざける意識がどこかで働いていたのかも知れない。そう言えば、「サザエさん」も取り上げていなかった。「ドラえもん」や「ゴルゴ13」は頑張って取り上げたのだけれども。
「こち亀」もまた「意識されざる公教育」の果実

 「連載」という形式での「おはなし」というのは、何も活字やそれに類する紙に印刷された媒体に限らず、寄席その他の生身の上演や口演における続きものなども含めて、どうやらわれらの社会にある時期以降、宿ってきたものだった。新聞や雑誌には連載小説があったし、それらは売り上げを左右する重要なコンテンツでもあった。

 NHKの「朝ドラ」がいまだに「連続テレビ小説」と称していることを思い起こしてもらってもいい。それまで月刊だった子ども向け雑誌が週刊になり、活字主体の読み物など他のコンテンツと並べられていたマンガが独立した専門誌になっていったのは高度経済成長の始まるころ。ラジオもまた、戦前はともかく戦後はそれら続きものを主な武器にしてきたし、新しいメディアのテレビもまたその習性に従った。

 新たな情報環境に宿る「連載」「続きもの」の「おはなし」は、そのようなわれらの日常、日々の暮らしの当たり前になってゆき、それらを介して浸透してゆく価値観や世界観、素朴な道徳や世を生きてゆく上での約束事といったものもまた、わざわざそうと意識せずともある種の「教養」として人々に共有されるようになっていった。それはわれらの社会における「意識されざる公教育」でもあったのだ。

 そのように「連載」「続きモノ」としての「おはなし」をそれこそまるで空気のように、自然に当たり前に呼吸する、いや呼吸できる環境にわれわれは生まれ、育ってきたらしい。週刊誌のマンガ専門媒体が複数林立し、それらが最盛期には数百万部規模での市場を獲得、当然読み手もまたそのオーダーで編成されていった社会、そして時代というのがすでにあった。そのことの意味やとんでもなさについて、おそらく当のわれら日本人自身がいまだよく思い至っていない。「サブカルチャー」などという目新し気なモノ言いでひとくくりにして事足れりという考えなしが昨今、また事態をさらに不透明にしてゆき、同情薄い「分析」「解釈」「批評」のひからびたことばの手癖だけが得意げにそれらを後押ししてゆく。
(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社
 けれども、確かなことがある。今回の「こち亀」終了をめぐって、メディアの舞台の外で、さまざまな人たちがさまざまにその「想い」を語っている。もちろん単行本を全部揃えているという人は少ないだろう。けれども、人生のある時期「こち亀」と出会ってそのことから何かを受け止めていっただろう、国民的規模での「意識されざる公教育」の果実は、全て見通すことはできずとも、間違いなくこの時代の眼前にある。

 40年という年月、単行本にして延べ200巻という規模の「おはなし」の集積は、おそらく「研究」や「批評」「評論」の土俵に正当に乗せられるまでにはまだしばらくかかるだろう。だが、そんなことはどうでもいい。マンガは昔も今も、正しく「通俗」であり、通俗であるがゆえの「リアル」を静かに宿しながら眼前にたたずんでいる。「こち亀」がいま、自ら幕引きすることで思い至らせてくれたそのことは、あらゆる知的な言葉やモノ言いが軒並み煮崩れ、信頼を失いつつあるかに見える今、この時代の日本語環境において、それらの言葉の失地回復を志す立場にとっての福音にもなるはずだ。

この記事の関連テーマ

タグ

「こち亀」が日本人に愛され続けた理由

このテーマを見る