大場大(東京オンコロジークリニック院長)

 これまで、免疫療法という枠組みで真に有用性が検証され、患者さんのもとに届けられた承認薬は存在しませんでした。ところが、懐疑的な目で見られてきた免疫療法の分野でようやく世界に先駆けて日本で最初に承認され、それもメイド・イン・ジャパンというふれ込みの抗体医薬品であるため、マスコミ報道も黙っているはずがありません。実際に、多くのがん患者さんが即座にこの薬の存在を知ることになりました。その名は、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)という免疫チェックポイント阻害薬です。
 日本では現在、皮膚がんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)と非小細胞肺がんで承認を受けており、最近では腎細胞がんに対しても適応追加となりました。今後、さらに適応疾患が拡大されることは間違いないでしょう。

 しかし一言で「免疫」といっても、漠然とした抽象的な意味合いでしかないので、免疫について具体的に少し整理してみます。免疫とは、自分(自己)と自分ではないもの(非自己)を見分けるところから始まります。細菌やウイルスなどの病原体は、外から侵入してくるので完全な非自己ですが、がん細胞は、外部からではなく、もともとは自己から生み出された非自己だということです。通説では、体内にがん細胞が日々生み出されたとしても、1日に数千個のがん細胞が、免疫の力によって体から排除されているといわれています。しかし、がん細胞もうまく生き残るために、その免疫から逃れたり、免疫から目をくらませたりすることで、免疫がうまく働かなくなるように都合よくブレーキをかけようとします。そのような負の制御環境を「免疫チェックポイント」と呼びます。オプジーボは、そのブレーキを標的とした抗体薬でブレーキ機能を解除し、働きが弱まっていた免疫細胞を再び活発な状態に戻す治療薬といえます。

 しばしば用いられる免疫力には、「自然免疫」と「獲得免疫」という二段構えがあります。「自然免疫」は、元来、生まれつき備わっていて、最初に発揮される防衛ラインのことです。体内で非自己が発見されると真っ先に攻撃をしかける免疫細胞として、「NK(ナチュラルキラー)細胞」や「マクロファージ」といわれるものがあります。一方で、非自己が現れた際に、攻撃すべき非自己の情報を「樹状細胞」が伝達し、ヘルパーT細胞の司令のもとで、キラーT細胞やB細胞が、その情報に一致した非自己を攻撃しにいくのが、第2段階の防衛ラインといわれる「獲得免疫」です。NK細胞、T細胞やB細胞はすべてリンパ球と総称され、他にも、数えきれない分子やサイトカインといわれる物質の協働連携によって免疫メカニズムは成り立っています。