岡本拓司(東京大学大学院総合文化研究科准教授)

 2000年以降、日本人のノーベル賞受賞者(以下、物理学、化学、生理学・医学の自然科学3賞を指す)が増えていることが注目されている。日本人といっても国籍が日本ではない受賞者や、受賞対象となった研究が国外で行われた受賞者もいるが、日本で高等教育を受けた人々による日本で行われた研究が受賞する例が格段に増えていることは間違いない。

 近年の受賞者が受賞対象となった研究を行ったのは、おおよそ1960年代から1990年代であり、戦後の復興から脱した日本が次の段階に向けた成長を遂げた時期であった。研究が行われた環境は個々の場合によって異なる。しかし、戦後、若干でも余裕が生じた時期に、能力のある若者が科学研究に進み、独創性に富む研究を行うようになったことの淵源は、日本の科学の歴史の中に見出すことができる。

夏目漱石
 日本が大規模に西洋由来の科学を導入するようになったのは明治維新後のことである。とはいえ明治初期は学習に忙しく、研究を志す若者が目立つようになるのは明治20年頃になってからであった。当時、ほとんどが外国語で書かれていた教科書を開けば、目に入るのは西洋人の名前ばかりであるから、日本人あるいは東洋人が果たして研究を行う能力を持つのかどうかさえいぶかしく、一生を研究に捧げようと決意するには勇気が必要であった。たとえば物理学者の長岡半太郎は、東洋人には独創的な科学研究を行う能力がないのではないかと考えたが、中国の古典を紐解き、オーロラや地磁気の発見は中国人が西洋人に先駆けて行っていることを見出したうえで、ようやく安心して物理学に進んだ。

 長岡の場合は、東洋人も西洋人に負けない学術上の貢献を行いうることを見せたいという強い熱意を持っており、これが学問に進んだ動機の一つであった。明治半ばの学問を志す若者の間では、こうした意欲の持ち方は珍しくはなく、夏目漱石は英文で優れた著作を送り出し世界に問いたいとして英文学を専攻し、近代鳩山家の祖の鳩山和夫は法学をそのような場として選んだ。医学者の北里柴三郎がドイツ留学によって研鑽を積みたいと考えたのも学術で世界に知られた日本人がいないことを憂えてのことであった。

 個別の学問への理解が進むと、しかし、世界に挑戦するのに適した領域と、そうではない領域があることが次第に気付かれていった。夏目漱石は年少の友人で物理学を志す寺田寅彦に、科学はコスモポリタン的性格をもつが英文学ではそうではないとロンドンから書き送り、鳩山和夫も国ごとの違いの大きい法学では世界規模での挑戦はできないと息子に語っている。世界を舞台にした競争や、西洋への挑戦は、どの学問分野でも行いうるというわけではなく、長岡の選んだ物理学や北里の進んだ医学、すなわち自然科学という領域においてより成立しやすい。