上昌広(医療ガバナンス研究所理事長)

 大隅良典氏がノーベル生理学・医学賞を受賞した。日本人のノーベル賞受賞は三年連続。25人目だ。12年の山中伸弥氏、昨年の大村智氏と生理学・医学賞の受賞が続いている。日本の医学研究のレベルが世界で評価されたことになる。韓国では「日本を見習え」と議論されているらしい。一方、日本ではノーベル賞受賞者が出るたびに「もっと基礎研究に投資を」「若き研究者に活躍の場を」と有識者たちがコメントする。
東京工業大学の大隅良典栄誉教授
東京工業大学の大隅良典栄誉教授
 私も、日本の将来を考えれば、基礎研究に投資すべきだと思う。ポスドクや助教たちの待遇は改善すべきだ。ただ、研究者が声高に待遇改善を叫んでも事態は改善しない。「俺たちは好きな研究をやるんだ。これは日本に大切なんだ。もっと税金をまわせ」と言っているだけで、周囲はしらけてしまう。社会保障費の切り詰めをやっている日本で、これ以上、基礎研究に回す税金などないというのが実態だろう。

 我が国の研究者が考えなければならないのは、この状況でどうすべきかだ。高度成長期に国の財政が豊かだった時代のモデルは、もはや通用しない。私は、各自が置かれた境遇に適応できるタフな研究者を育てることだと思う。

 この点で、私はノーベル生理学・医学賞を受賞した三氏の経歴に注目する。特に幼少期から大学院時代までの過ごし方だ。研究者に限らず、個人の価値観や実力は20代までにほぼ決まる。その間を、どのように過ごすかが重要だ。特に、この期間に、どのような集団に所属し、どのような人々に出会うかだ。私は、三氏に共通するのは文化レベルの高い環境で育ち、良き仲間に恵まれたことだと思う。

 例えば、山中氏は東大阪市生まれ。父は同志社大工学部を卒業し、町工場を経営していた。教育熱心で、山中氏は大阪教育大附属天王寺中学・高校(大教大天王寺)へと進む。天王寺は四天王寺の略称である。四天王寺は聖徳太子が建立した七大寺の一つだ。摂津から和泉に抜ける交通の要衝として発展し、現在は近鉄の本拠である阿倍野駅、あべのハルカス、大阪市大病院などの施設が集中する。さらに周囲には、新世界や飛田新地も位置し、生々しい人間の営みを垣間見ることができる。

 この地域からは様々な人材が生まれている。例えば、山中氏の同級生には世耕弘成・経産大臣がいる。学生時代、世耕氏が生徒会長、山中氏が副会長だった。世耕氏は「山中は無二の親友」という。世耕氏は近大のオーナー一族だ。近大マグロや受験者数日本一など、近年の繁栄をもたらした。政治家としてだけでなく、経営者としても一流だ。