修猷館中学は、黒田藩の藩校に由来する。福岡高校も、その流れを汲む。ただ、両校の校風は随分と違う。友人の福岡県出身者は「修猷館は官僚的、福岡高校はバンカラ」という。確かに、筆者の実感とも通じる。筆者の専門領域では、福岡高校の卒業生には、中村哲・ペシャワール会医療サービス総院長や、藤堂省・元ピッツバーグ大学教授らがいる。みなさん、バンカラでバランス感覚がいい。統治機構とも上手く付き合う。このあたり大隅氏に通じる。東大や関連する組織で、ノーベル賞を取るには、このような能力が必要なのだろう。

 今回のノーベル賞のニュースを受け、一部の研究機関や大学の予算は増えるだろう。ただ、私は、そんなことをしても、日本の科学は進歩しないと思う。政府が拠点を認定し、優先的に予算を振り分けても、「腐敗」が進むだけだ。若者たちは、同調圧力が強い環境で、自分でものを考えられなくなる。その象徴が、STAP細胞事件の理化学研究所、論文不正が続く東大医学部などだ。
東京都文京区の東京大学安田講堂
東京都文京区の東京大学安田講堂  
 筆者の母校である東大医学部の場合、問題を指摘されている教授の多くは、都内の某新学校の卒業生だ。この学校の卒業生は、極めて有能だ。課題を与えると、即座に解決する。与えられた課題を解決するのは、受験勉強と本質的に変わらないのだろう。ただ、自ら課題をセットできないように映る。「スーパー大学院生」として若いときにはチヤホヤされるが、自立した研究者や管理職には向かない。このような教授に指導される若手は不幸だ。

 立派な研究をするには、人と違うことしなければならない。逆張りだ。しかしながら、逆張りは、言うは易く行うは難い。気まぐれで逆張りすれば、討ち死にするだけだ。逆張りするにはノウハウがいる。若者が、そのようなノウハウを身につけるのは、基本的には先輩や友人からだ。若者には具体的なロールモデルが必要だ。幸いにも、我が国には多彩なロールモデルがある。この多様性こそ、我が国から多くのノーベル賞学者が出ている理由の一つだ。

 近年、東京一極集中が叫ばれている。メディアは「東京対地方」という単純な構図で議論しがちだ。問題があれば、「政府が支援すべきだ」のオンパレード。こんなことを言い続けている限り、日本は衰退する。世界と伍して戦うには、敵を知ると同時に、己を知らねばならない。そのために必要なのは教育だ。研究者を育てることは、子育てと似ている。ふんだんな教育費をかけて、小遣いをたっぷり与えても、他人と交流し、切磋琢磨しなければ大成しない。いま、研究者に求められるのは、金をねだることではない。大人の議論だ。