和田秀樹(精神科医)


 東京工業大学の大隅良典栄誉教授が、ノーベル生理学・医学賞を単独受賞された。

 もちろん日本人としては誇らしいことだし、スポーツ嫌いの私個人としては、オリンピックの金メダルよりはるかにうれしいことだ。

 一時期ノーベル賞を取る人の数が少ないことが問題にされたことがあったが、毎年のように受賞者を出すようになり、この点では世界の先進国に肩を並べたといっていい(アメリカには遠いが、ヨーロッパのレベルには十分達している)。
研究室で顕微鏡をのぞく、オートファジーの研究で知られる、東京工業大学の大隅良典栄誉教授=9月29日、横浜市緑区(寺河内美奈撮影)
研究室で顕微鏡をのぞく、オートファジーの研究で知られる、東京工業大学の大隅良典栄誉教授=9月29日、横浜市緑区(寺河内美奈撮影)
 この理由については、いろいろな分析があるが、私は、やはり日本人の基礎学力の高さが大きいと考えている。

 実際、現時点では、日本のノーベル賞受賞学者はすべて国立大学出身者だ。受験科目が多く、高い基礎学力がないと入学は難しい。

 共通一次試験の導入で、覚え物の比率が増えたとか、オリジナリティーのある解答が求められることがなくなったなど、基礎学力重視の入試導入には批判が多かった。例えば数学だけがずばぬけてできるというような面白い人材が国公立の大学に入れなくなったという問題も指摘された。

 しかしながら(もちろんこれが例外にならないとは限らないが)、すでに共通一次受験者の山中伸弥氏もノーベル賞を受賞している。

 私が懸念するのは、ゆとり教育(中止されたとはいえ、まだ昔と比べるとカリキュラムはかなり薄い)や少子化で入試が簡単になったことによる日本人全体の基礎学力の低下である。昔は東大であれ、国立大学であれ、日本全国の秀才によるセレクションであったが、今は、一部の選ばれたものだけが参加する中学入試経験者によるセレクションになりつつある。そういう中からユニークな人材が育つのかと考えてしまうのだ。