「これだけバイオテクノロジーが発展しているにもかかわらず、なぜか学校では教えていないことですが、実は人間の遺伝情報を記録しているDNAには2つの作られ方があります。原子や分子を一から組み立てて作る『デノボ合成』というやり方と、食物として摂取した動物や植物のDNAユニットを分解して再利用する『サルベージ経路』というやり方です。

 赤ちゃんのうちはデノボ合成が8割くらいありますが、成長するにしたがってサルベージ経路の割合が増え、70歳くらいでほぼ0になります。つまり、人間は食べた動植物のDNAを再利用しなくては生きていけなくなるのです。オートファジーという機能があるのと同じ理由で、たんぱく質やアミノ酸を合成することは、生物にとってとてもエネルギーを大食いする大変な作業だからです」(村上氏)

 それ自体は人体の優れた機能であるが、心配もあるという。村上氏が続ける。
「近年、懸念されている遺伝子組み換え食品が本当に人間の遺伝情報に影響を与えないかという問題です。これまでの科学的調査では、そうした影響はないとされていますが、食べた動植物のDNAが人間のDNAの材料になっているのですから、影響がないのは“たまたま”かもしれません。人間に取り込まれたら病気を引き起こすような食品中のDNAが、消化不良で塊のまま、荒れてデコボコの腸壁から吸収されてしまう可能性もないとはいえないのです。

 例えばがん細胞は、遺伝情報のバグによって変異した人間自身の細胞です。大隅教授の快挙を祝福するだけで終わらず、この機会にそうした問題にも目を向けるきっかけになればいいですね」(村上氏)

 いつかの“割烹着リケジョ”の反省があるのかないのか、テレビや新聞は大隅氏のヒゲが似合っているとか、研究仲間が「七人の侍」と呼ばれているなどとお祭り騒ぎをしているが、せっかく一般には知られていない専門分野に注目が集まったのだから、我々の生活や健康に関わる問題に広く光を当ててもらいたいものだ。

関連記事