嶋田雅曉(寄生虫学・疫学研究者)
高井ジロル (編集ライター)
 
熱帯医学をご存知だろうか?
もともとは入植者を熱帯特有の感染症から守る目的で誕生した研究分野である。
長崎大学の嶋田雅曉教授は、アフリカのケニアに長期間滞在し人々の生活様式から感染症予防のヒントを探り出そうとしている。

聞き手:高井ジロル(以下大文字) 

少々レトロな雰囲気も感じる言葉ですが、「熱帯医学」とはどういう医学なんでしょう。


嶋田雅曉(以下、「——」)
 植民地時代、西欧諸国が熱帯に入って、それまで出会ったことのない熱帯地に特有な病気に直面し、これはまずいということで始まった医学です。熱帯地に赴く自分らの仲間をいかに保護するか、という需要から生まれたものですね。

「病気とはそもそも何か」について
解説する嶋田教授。

ちなみに、熱帯は他の地域より病気が発展しやすい場所なんですか。

 ——地球に届く太陽エネルギーの多くは赤道周辺に注いでいます。そして、エネルギーが多いところほど生物種は多い。人類が命名した種の数は170万くらいですが、その約80%は熱帯地にいます。人間に悪さをする生物(病原体)も、当然その比率に応じて存在するわけ。

 ただ、そういう生物というのは全体の0.1%くらいしかいないはずです。いいことをしてくれる生物のほうがほとんどなんですよ。

 昔は呪いや「ミアズマ」(瘴気)が起こすと言われていました。病原体というものがあってそれが病気を起こす、と言われ始めたのが、たまたま植民地時代。19世紀終わりに熱帯医学校や熱帯医学会がイギリスやオランダなどで続々と生まれ、熱帯医学は20世紀初頭に花開きます。

嶋田教授が調査を行ってきた村人たちの日常生活(左)。ケニアの田舎町にある市場には様々な商品が並んでいる(右)。
 ところが、第二次大戦前に植民地主義が批判と反省の時期を迎えると、熱帯医学は転機を迎える。自分たちは収奪するだけじゃなくて現地のためになることもしている、というアピールに使われるようになりました。その後、1960年代にアフリカの植民地が独立する時代が到来し、熱帯医学の熱はがくっと冷めました。ヨーロッパ本国に研究者たちがひきあげてしまった。

 言葉の見直しもありました。過去の垢がついた「熱帯医学」(tropical medicine)ではなく、「国際保健」(international health)という新しい言葉が生まれ、最近では「グローバル・ヘルス」(global health)といったりもする。熱帯の病気に関する医学も人類全体のためにやるものだという流れがいまはあります。


先生が所属する熱帯医学研究所の成り立ちについて教えてください。


 ——日本は、西欧諸国にだいぶ遅れてアジアの植民地獲得に乗り出しました。西欧と同じように、植民地獲得に出ていく仲間たちを現地の病気から守るための研究所を作ることになり、対東南アジアの研究所が台湾に、対中国の研究所は1942年に長崎に作られます。それが、熱帯医学研究所の前身である東亜風土病研究所。なぜ長崎かというと、当時の中国へのメインルートは長崎→上海だったからです。

 終戦後は、植民地時代の遺物のイメージが強い熱帯病研究はふさわしくないと見なされ、国内の風土病に研究が移りました。名称も風土病研究所に改められた。それで、フィラリア症のような日本の風土病はほとんどなくなります。

 さらに時代を経ると、植民地時代のイメージが薄れて世界へ再び研究者の目がいくようになり、1967年に、長崎大学熱帯医学研究所に改称されました。当時、OTCA(現JICA)は戦後賠償をテーマに活動していました。経済の分野以外でも海外援助をしたいOTCAと、熱帯医学の現場に出たい熱帯医学研究所。思惑が合致して、両者の連携が始まります。

 当時研究所内では、東南アジアに行くかアフリカに行くかで意見は二分されましたが、結局両方に研究者が行くことになりました。
長崎大学熱帯医学研究所の前に掲げられている総合目標。

日本の熱帯医学が世界に出て行った黎明期ですね。でもいまでは熱帯医学は少々マイナーな存在だと聞きました。


 ——植民地時代が終わると、熱帯地に赴く仲間を守るという当初の需要は減り、同時にアカデミックな世界では、病気が病原体で起こるという感染症の概念は確立されていました。感染症は抗生物質などの薬で治療ができるし、ワクチンで予防もできる、というわけ。すると、感染症はもう放っておいても大丈夫という空気になります。原因がわかったんだから、あとは地道に作業を重ねれば感染症撲滅はもう時間の問題というわけです。

  そして1960年代、熱帯医学にとって重要な出来事が起こります。アメリカのサージョン・ジェネラル(公衆衛生局長官)が、「いまや感染症の教科書の扉を閉じるときがきた」と有名な証言をしたんです。感染症に対する興味は、これで世界の医学者から失われました。感染症研究がメインとなる熱帯医学への興味は当然のように失われ、研究費も出てこなくなった。一言でいえば、マイナーな存在になった。世界の医学の主たる興味は、感染症から癌や免疫などへと移ってしまったんです。

  私が長崎大学医学部を卒業したのは、そんな時代でした。熱帯医学研究所に入るといったら、周りの仲間から「おまえ、バカか」と言われたのを覚えています。もうそんな分野はなくなるから行ってもしょうがない、ということです。

そもそも医学部に進んだのはどうしてですか? やっぱり勉強ができたから?


 ——いえ。勉強のセンスはなかったですね。私らの時代は、いまと違って、勉強できない奴が医学部に入っていたんですよ。いまは勉強できる奴ばかりが医者になりますが、医者は馬鹿でいいんです、人間がよければ。頭が賢くても、医者は人間がよくなければだめだと思います。

 いま思い出せば、小さい頃、かかりつけの病院がありまして。小学校高学年くらいでその病院に行ったとき、待合室に使用済みの切手を募る箱があるのに気づきました。本棚には岩村昇という方の本もありました。ネパールで結核の予防や治療に取り組んでいた先生です。病院の先生に聞いたら、岩村先生は自分の仲間だと教えてくれました。岩村先生をサポートしたくて切手の箱を置いているのだと。古切手は集めてお金にしてBCGのワクチンを買うためのものだったんです。

 いまでこそそうした活動をよく見かけますが、当時はほとんどなかった。だから、非常に強く印象に残っています。これは、自分が医学に進むきっかけにはなったかもしれません。いま思えばですが。

 あとは、アフリカに行きたかったんですね。その頃、山ブームが確かあって。ちゃんと覚えていませんが、キリマンジャロに憧れていたんじゃないかな。高校時代のある日、学校をサボってアフリカが舞台の映画を観に行きました。題名は「ブワナ・トシの歌」。「ブワナ」はスワヒリ語で「ミスター」という意味ですから、「ミスター・トシの歌」ですね。主演は渥美清。売り出し中の時代でしょうね。

渥美清はまだ「寅さん」じゃなくて「トシさん」だった、と。


 ——当時、京都大学の今西錦司グループが類人猿の研究でアフリカに行っていました。この研究で現地に観測小屋をたてるという使命で同行したのがブワナ・トシと呼ばれた日本人で、この人を主人公にした映画でした。現地で観測小屋を立てるまでを描いた映画です。

 これを観に行って、アフリカっていいなーと思ったんでしょうね。平日昼だからか、ヒットしなかった映画だからかはわかりませんが、そのとき客があまり入ってなかったのは覚えています。

 私が大学に入ったのは1966年。どこの大学に行くか考えていたときに、「蛍雪時代」が出した大学案内を見たら、長崎大学に熱帯医学研究所というものができると書いてあった。それを見て、ここに行けば自分もひょっとしたらアフリカに行けるかもしれない、と思いました。

 今では想像できないでしょうが、当時はアフリカに行くなんて月に行くくらい難しいイメージがあったんです。高校の頃は、一生のうちで一度でも飛行機にのれたらものすごく幸せだろうと思っていました。

 それで長崎大学に進学しましたが、学校に入った後はアフリカのことなんかすっかり忘れてしまって、当時流行った運動ばかりやって、結局8年間いましたね。

運動といっても当時はスポーツじゃなくて学生運動なんですね。


 ——そのうち、卒業が近づいてきて、将来を決めないといけない時期になります。子供の頃にかかりつけだった病院の先生のイメージもあって、私は普通のお医者さんになりたかったんですけどね。医者になるには医学部を出て大学の医局に入るのが常道ですが、臨床の医局には入れてもらえそうもなかったんです。

 それで、結局、熱帯医学研究所の寄生虫学部門にいた片峰大助教授に拾ってもらうことになりました。私から見れば、熱研にいればもしかしたら憧れのアフリカに行けるかもしれないという期待があった。先生から見れば、感染症なんていう斜陽の分野にきてくれる貴重な人材だったでしょう。両者の思惑がぴたっとはまったわけです。

 でも、アフリカに行く可能性はゼロだと思っていました。当時、熱研の先生たちがアフリカから帰ってくるとよく言われましたよ、「なんとかケニアまでたどりついてくれれば後は面倒みるから」と。大卒の初任給がたぶん10万円に届いてない頃。ケニアまでの旅費は往復で70万〜90万したんじゃないかな。計算すると、1年休学して飲まず食わずアルバイトをすればそれくらいたまるとわかりました。だから、ほとんどあきらめていたんです。

 でも院生2年のとき、ある日突然、教授から「行くか?」と言われた。どこなのかもわからなかったけど、すかさず「行きます」と手をあげました。それが1975年のことです。

 初めて行ったアフリカは、なぜか懐かしい感じがしました。ものすごく不思議で、説明のしようがないんですが、あえて具体的にいえば、においかな。私は広島育ちですが、ひょっとしたら広島の焦土の砂埃と近い感じがしたのかもしれません。しかも、そこは憧れのキリマンジャロのふもとだったし。

電子顕微鏡でみた住血吸虫。

最初からしっくりきたアフリカ。行ったのはマラリアの研究のためですか。


 ——いえ、住血吸虫症の研究です。これはいまでも私のメインのサブジェクト。 住血吸虫は人が川や湖の水に浸かるだけで感染します。体長約1㌢で太さ1㍉くらい。成虫ではオスの体にメスが挟まった状態で仲良く生きています。これが人間の血管に住む。種類によって好む場所は決まっていて、たとえばマンソン住血吸虫は腸間膜静脈、ビルハルツ住血吸虫は膀胱の静脈が居場所です。

 住血吸虫症はどういう病気かというと、血管の中に産み落とされた卵が、血管を詰まらせてしまうものです。たとえばマンソン住血吸虫症の場合は、肝臓にひっかかって塞栓になる。肝硬変で死んだり、食道静脈瘤になって死んだりする。

 吸虫は毎日卵を100個ほど生みます。卵の大きさは150ミクロン。子孫を残すために、吸虫の卵は人の体の外に出ないといけません。

川に生息する住血吸虫の中間宿主貝。

あれ?人間の血管の中でふ化して増えていってもいいのでは?


 ——寄生生物にとって重要なのは、宿主を乗り移ることです。なぜなら、宿主が死んだら自分も死んでしまうから。感染症のポイントはここです。もしも吸虫が宿主の中で100匹、10000匹と増えたら、宿主はすぐに死んでしまう。それは吸虫にとってよくない。だから、卵のまま外に出すわけ。吸虫の場合は宿主を殺さないで他の宿主に移るのが宿命です。

 卵が体内から外に出られるのは、卵が血管内にひっかかって血流が閉ざされて潰瘍ができ、粘膜が腸の中や膀胱の中にはがれておちたときだけ。排泄物、ウンコやオシッコの中に卵が出てくる。体外に出ても、地面に出たものはすぐに死にます。ですが、それが淡水に入るとそこでふ化します。

 住血吸虫の幼虫は、川や湖にいる巻貝に入ります。1匹の幼虫は、貝の中で分裂して数千〜数万に増える。増えた幼虫は1カ月くらいすると貝から水中に出てきて、これが今度は人に入ります。水中で皮膚を溶かして入って血管に入り、好きな箇所までたどりついたらそこに住み着いて約1カ月で成虫に成長し、そこで卵を生む。これが住血吸虫のライフサイクルです。


貝に入った状態で人間に食べさせたほうが効率よさそうですけどね。


 ——それは考え方しだいで。口から食べないといけないというのは、けっこう簡単なことじゃない。胃液で溶けてしまうかもしれないし。言えるのは、この虫はこういう生き方を選んだということ。そういう仕組みの病気が住血吸虫症です。  

 感染症を予防するには、いくつかのアプローチがあります。薬とワクチンが大きなトレンドですが、私が取り組んだのはこれとは違うアプローチでした。

 水に入って感染するなら、ケニアの人はみんな感染するのかなと思って現地で調べてみたんです。そうすると、年齢と感染率の関連が見えた。子供のときはほぼ100%感染して、大人になると感染率が減っていました。もう一つのポイントは男女差があったこと。
現地住民が川に入る機会はとても多い。
 調査を進めるうちに気づいたのは、この差はもしかして川の水に入るかどうかじゃないか、ということでした。見ていたら、川によく浸かるのは、子供と女性だったんです。子供は水遊び。女性は水汲みと洗濯。男は村でぼーっとしているだけで、あまり川に入らないんですね。

働き者が感染して、怠慢な人が感染しないなんて不公平ですね。


 ——この調査を経て、免疫とかなんとかの生物学的な解釈をするよりも、社会的な背景をもった行動学的な解釈をしたほうがいいんじゃないかと思ったんです。感染症の研究者は主に生物学的なアプローチをとりたがるもので、個体差はあまり考えません。どうしてこの人は感染したのにあの人は感染しなかったんだろう、とはなかなか思わない。

 でも実際は、行動によって感染の有無が決まっていた。感染症がうつらない方法として、ワクチンを接種して予防するやり方もある。だけど、行動を制御するやり方もあるはずだと気づいたわけです。私は人の行動さえ変えればこの住血吸虫症は十分に防げるという結論に到りました。高いお金をかけてワクチンを開発して生産して配布しなくても、行動さえ制御すれば十分に防げるんだと。

 ただ反省点はいっぱいありました。簡単に言えば、明らかにできたのはあくまで相関関係だけで、原因と結果までには行き着けなかった。だから、あまりいい雑誌にはアクセプトされませんでしたね。この後、産業医大の教授に転身したので、私の研究はひとまず終わりとなりました。

住血吸虫症の予防には、水道を整備すれば万事解決ということですよね。


 ——ところが、そうはいきませんでした。人口約1500人の村の五カ所に共同水栓を作って使ってもらったんです。まず全員を薬で治療した後、どの家がどのくらい使ったかを記録した。やっぱり、水道を使った人は感染率が低く、水道を使わない人は感染率が高かった。だけど、水道から600㍍以上離れた人たちにはほとんど効果がなかった。水道まで水をとりにくるのが面倒なんです。川のほうが近い人はどうしても川で水を汲んでしまう。そして水道はすぐ壊れる。壊れると修理する金がないので修理しない。そういう結果になりました。

 水道を使ってくださいと言って全員が使うなんて甘いもんじゃない。実は、彼らにとっては、住血吸虫症は大した問題じゃないんです。住血吸虫は宿主を殺さないようにしないといけないので、住血吸虫症では別に人がすぐ死ぬわけじゃない。だから住民は別に重大な病気だとは思ってない。肝硬変になるといっても、それまでには長いスパンがありますし。

 ビルハルツ住血吸虫の主要な症状は血尿です。しかも、その血尿は、思春期になるとみな経験するものです。現地では、血尿が出ることが大人になったしるしだと思われていました。女性の初潮みたいな感覚です。こういう話があります。住血吸虫症がないところからきた男が、村の娘と結婚したいと娘の父親に願い出ました。すると親父は男に質問しました。「おまえは血尿が出たか?」。いいえと答えると、「そんなことでは娘はやれない」と言われたそうです。その男はまだ成熟していないと見なされたわけです。
現地住民に住血吸虫の感染予防を訴える嶋田教授。

そんなところに乗り込んで「これは病気だ」と教えるというのは、もしかして大きなお世話なのかもしれません。


 ——でも、これは言っておかないといけないんですが、住血吸虫症にかかれば、他の病気にかかりやすくなるし、寿命は確実に短くなるんです。学校の成績も落ちてしまう。いい病気じゃないのは確かです。だけど、本人たちにとってみれば、いままで何の問題でもなかったのになんでわざわざそんなことを言い出すんだという感じだったでしょうね。

もしかしてケニアの人からは疎んじられていた?


 ——それは恥ずかしながらわかりませんが、だまされていたことはあります。調査のためには住民の個人情報をみんな登録しないといけない。でも、小学生の名前がどうもうまく一致しなかったんです。いまそのときの小学生をスタッフとして使っているんですが、最近になって教えられた。「あれー、言わなかったですかね、あれはみんな嘘ついてたんですよ」と言われました。変な奴らが村にきていろいろやってる、本名なんか教えたら何されるかわからない、と思っていたそうです。

 そんなことも含めて、現場にいってみないとわからないものがあると言いたい。私の場合は、人の行動の重要性がそれでした。それで事が解決できるかどうかは別にして、事の重要性は現場で見えてくる。行かないと見えてこない。熱帯医学研究所にはそういう発想が昔からあったんです。それをぼくは引き継いだだけ。だから、熱帯地に恒久的な研究拠点を作るのが、我々の何十年来の夢だったんです。

 5年前にできたのがその夢の施設だった。ケニアの現地の人には「今回は長くいるんだよね」と聞かれました。それまでは長くても2年でした。イギリスの研究者は12年もいるよ、15年もいるよ、それくらいいればなんかわかるんじゃない、と言われました。ショックでした。住むことと訪問は全然違う。住んだとしても外国人にはわからないことはたくさんあるでしょう。でも長くいれば少しはわかってくるはずなんです。

 私はたまたま基地ができたときに拠点長にさせてもらって、もう5年たった。大学が外国に拠点を作るのは事務の面でも試行錯誤の連続でした。大学が外国に固定資産をもってはいけない、と言われて、しょうがないからコンテナで部屋を作りました。これは不動産じゃなくて動産です、と言い張りましたね。

現地住民に住血吸虫の感染予防を訴える
嶋田教授。
 いまは、5年間のプロジェクトが終わって、6年間の新しいプロジェクトが始まったところ。私は拠点長の役目から降りて、一研究員として再び住血吸虫症に取り組みたいと思っています。

 顧みると、私の師匠はまったくの放置タイプで、若い頃は好きなように研究させてもらいました。だから、もし自分が年を取ったら、若いやつに好きなようにやらせようと思いながら今まできました。だけど、もうそろそろ、また好きなように研究してもいい頃じゃないか、と思うようになりました。

若いときにやって不完全だったという行動学的アプローチをもっと完全にやるつもりですか?


 ——実は、そこはいま迷っているところです。ここ25年くらいで、住血吸虫症のいい治療薬ができてきたんですね。WHOがその薬を使って治療していこうという呼びかけをして、世界的に実行が進められています。だけど、それがうまくいくとは限らないし、うまくいったとしても根本の解決にはならない。

 予防のアプローチを考えてみると、住血吸虫のライフサイクルのどこかを断ち切ればいいわけ。方法としては、薬で人間を治療して卵を出てこなくさせる、中間宿主となる特定の貝を全部殺す、皮膚に塗って虫が入らなくなる忌避剤を作る、ワクチンを作って人に接種する。それから、安全な水道を供給して川の水を使わないようにする、便所を整備して便や尿が川に流れないようにする、健康教育をしっかりやる。この7つが考えられます。

 この中で、人間の意思や行動に関係なく実現できるのは、実は2番目の、特定の貝を全滅させるという方法だけですね。ということは、実はこれが一番有効なアプローチなのかもしれない。貝を全滅させることをテーマにしようかとも思い始めています。

しかし、貝を全滅させたりしたら、生態系が壊れてしまうのでは?


熱帯医学研究所内にある熱帯医学ミュージアムは、
熱帯病に関する「博物館・資料館」としての機能を
備えており、様々なウィルス、細菌、寄生虫などの
標本などが展示されている。
 ——よく言われますよ。この前は、塩をまいて川を淡水じゃなくすればすぐに効果が出ると言って、怒られました。住血吸虫の宿主になる貝は食用ではないので、いなくなっても困りませんが、生態系の点はやっぱり問題視されるでしょうね。

 でも、その点で思うところがあります。いま、エコロジーとか生物多様性とかいって絶滅危惧種を保護しようと言いますけど、不思議なことに、病原体を絶滅から守ろうとは誰も言わないんですよ。ケニアで象の保護を考える会合なんかに出席して、「どうして病原体は保護しないんですか」と発言するんですが、まったく無視されます。病原体は確かに人に悪さをしますが、地球全体の生態系をトータルで見たら、それが与える影響は神様以外、誰にもわからない。実は病原体も保護しないといけないのかもしれない。

確かに、ある病原体が絶滅したら、それがめぐりめぐって人類に悪影響を及ぼさない、とは言い切れませんね。


 ——たとえば、ケニアのある村では、実は象が一番の問題動物です。象は農作物を根こそぎ食べてしまうし、一度通ると畑も家も踏みつぶす害獣です。ひょっとしたら、住血吸虫なんかより直接害を与える動物です。と現地で言ってもなかなか伝わらない。とにかく、象は人間に害を与えても許されちゃうのに、病原体は許されないという現実があります。

うーん、でもやっぱり病原体より象のほうが親しみあります…。ちなみに、いまはどの感染症が一番の問題なんですか?


 ——グローバル・ヘルスの意味ではエイズ、マラリア、結核。この3つにはお金もたくさん出ている。研究にも対策にも。結局、先進国が興味をもっている病気が熱帯地でも問題というわけです。マラリアは地球温暖化が進めばもしかしたら先進国のほうに広がってくるかもしれない、と思われているから先進国の関心が高くなる。エイズだって、できれば途上国にとどめておきたいと思っている。つまり、大昔の熱帯医学の取り組みとあまり変わっていないんです。

 私が研究しているような病気をNTDsといいます。neglected tropical diseasesの略で、「無視された熱帯の病気」という意味ですね。もう私はほとんど人生が終わりに近づいていますので、残りの人生でなんとかNTDsを研究する若者を増やしたいと思っています。

 自分が院に入った頃は感染症に興味を持つ人がいなくなった時代でした。いまは、生命現象としての感染症の研究者は多いけど、現地で起こっていることを調べる若者はあまりいない時代です。つまり、そういう道を選ぶと研究者として生きていけなくなっているのが実情。

 でも、現場に入ることの意味は絶対にある。一つは、抽象的なところから入らず、具象から入ること。抽象から入ると、問題がすっきり整理されていて、その中での実験作業になる。それは枝葉がそぎとられたところで立つ柱。それとは違うことが現場ではできるはず。理屈でいえば、住血吸虫はこうやればいいというのはもう見えています。だけど、現場ではそうじゃない。実際にはなかなか制御できない。だからこそおもしろいはずなんです。

 もう一つは、現場で何か仕事するときは、いろんな方法論を総動員しないといけないこと。一方で顕微鏡を覗き、一方で数学的な計算をし、一方で人類学的な勉強をし、数理的なモデルを作り……。博学的なアプローチが現場では有効です。自分にはこの武器があるからこの武器だけで現場に入るというのはちょっと無理があります。人とつきあわないといけないし。

 たとえば、現地の住民の血を欲しがる研究者は多い。だけど、現場にいると、その血を採ったのがどういう人でどういう考えをしている人なのかが知りたくなる。血をみたい研究者は血液の中にある抗体とか物質とかビタミンとかが感染症についての何かを語ると思っている。だけど、生きている人間が何を考えているかどう生活をしているかもまた、感染症について何かを雄弁に語るはずなんです。

 これからは、一研究員として住血吸虫症の研究をやりながら、NTDsにつく若いひとを増やしたい。フィールド=現場でやる仕事はおもしろいよ、と伝えたい。

2009224
ケニア拠点は、日本人と現地スタッフが
協力して運営している。(2009年2月24日撮影)

「踊る大捜査線」に「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ」という名台詞があります。先生は医学界の青島刑事ですね。


 ——現場でみるというのは、実はとても難しいこと。知識だけでなく、教養というものがないと、いろいろなものを見逃してしまいます。たとえば私は若い頃、血尿を一つの方向からしか見ていなかったせいで大事なことを見逃してしまったことがあります。でも、私の知らない見方をして、血尿について重要で新しい発見をした人がちゃんといました。その意味で、私はずっと失敗ばかりでなにも成功していない。私にはそういう失敗まで伝える役目がある、と肝に銘じているところです。

嶋田雅曉〔しまだ・まさあき〕
長崎大学熱帯医学研究所教授。ケニア中央医学研究所訪問研究員。ケニアプロジェクト拠点にて寄生虫学・疫学を研究している。