清義明(フリーライター/オン・ザ・コーナー代表取締役)
 

 大阪のなんばの寿司店で、韓国人にわさびを大量に入れて提供していた件が韓国で話題になったのはしばらく前。韓国人差別ではないかというものである。その後に、実際に韓国人や中国人がわさびの増量を要望する客が多いということがわかり、それを考えた店側が一種のサービスのつもりで、全ての韓国人に(おそらく中国人にも)、わさびをたっぷりと入れていたのが実情なのではないかという見方になりつつある。
 
 もちろん実際には、言葉が通じないゆえの無愛想な接客と相まって、日本文化に常々触れていて、日本語もわかり、来日経験豊富な韓国人には差別的と感じられるシーンもあったのだろう。ただしここはあくまでもブラックボックスであり、実際にどのようなことを店側が行っていたかはわからない。


 難波の「韓国人差別」と釜山の「日本人差別」


 以前、自分は似たような話を調べたことがある。それは全く逆の話で、韓国で日本人が差別行為にあっているという話である。アルピニストで、現在は様々な社会活動もされている野口健氏が、釜山のサウナで日本人だからということで入湯拒否にあったり、街中のタクシーでやはり日本人だからと乗車拒否にあったという話だ。

  この「わさびテロ」事件のあと、やはり大阪のなんばの道頓堀あたりで韓国人だからという理由で暴行を受けたという話を聞き、さらにこのことを思いだした。韓国のテレビ局の報道によると、父親と道頓堀に来ていた韓国人の13歳少年が、突然何者かに後ろから蹴りをされた、という話である。これがどうやら韓国人観光客に対するヘイトクライムでなはいかということだ。
訪日外国人や日本人でにぎわう道頓堀=大阪市中央区
訪日外国人や日本人でにぎわう道頓堀=大阪市中央区
 これが本当のことであれば酷い話であるが、言葉が通じない異国では様々なトラブルがあり、野口氏と同じく、そのトラブルをいかようにでも「差別」と結びつけることはできるからである。野口氏の場合は、その背景に竹島領有権などの日韓のトラブルがあり、難波で暴行を受けたという少年の話には、先にあった「わさびテロ」の話があり、それぞれこれらとオーバーラップしてしまっている可能性があるのである。

 いずれにしても、良かれと思ったという店側の話をそのまま受け取るとてしも、それが「差別」として認識され、さらには連鎖的な反応を引き起こして、さらに事態が悪化するというのは、日本社会にとってもよろしくないことだし、当の韓国人にとっても気分は悪いことだろう。この件について、以上のようにつらつらと考えていたところで思いだしたことがある。

 忘れやすい日本社会であるし、もう20年も前のことになるので、何かの参考にとまとめておこうと思う。それはてんかん患者が差別的に扱われているということで作品と筆者が非難の対象となり、それを巡って一時期大変な騒動になった「筒井康隆断筆騒動」である。