杉原志啓(音楽評論家、学習院女子大学講師)

 
 まず、ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞理由に「偉大なアメリカの歌の伝統の中に新たな詩的表現を創造した」とあるその「詩的表現」についてちょっと。

 一年ほど前に再刊なったディラン71年初出の「散文体の現代詩」とでも評するほかはない小説『タランチュラ』がある。この作品には、およそ小説らしさがうかがえない。たとえば、「小説」に期待するような物語性なり語りの結末がほとんどまったく伝わってこないように。ひとつだけ例示してみよう。「陽焼けした国では冬は頭に雪をいただいてベッドの西で眠る/マドンナ。エホバの神殿のメリー。ジェーン・ラッセル。淫売のアンジェリーナ、これらすべての女たち、彼女たちの涙は大洋になれる」
2011年2月、米ロサンゼルスで歌うボブ・ディラン氏(中央)(AP)
2011年2月、米ロサンゼルスで歌うボブ・ディラン氏(中央)(AP)
 どうだろう。このようにメタファーにつぐメタファーの連続の趣で、プロットらしいプロットはどこにもない。そもそもまた、ここでの「浮かんでいる平底商船のマリア」なんて章題からしてえらくシュールではないか。つまり全編ほとんどこれ式なんだから、これはもう「散文体の現代詩」の塊そのものとしかいいようがない。

 ただ、彼の「現代詩」の謂を私なりに解釈するとこんなことになる。ディランは時間を止めて、みるものきくものをポップ・ソングのようにロマンチックな没入へ誘うような抒情詩人なんかじゃない。彼は、結論や目的のために前進するのではなく、慎重に観察するために目標を据えて歩んでいる。

 いいかえるならディランは、抒情ではなくもっぱら叙事を紡ぐ現代詩なんだろう。つまり叙事詩では、各章ごとのおびただしい事象が、およそ時間軸をハナから捨象して、それぞれが並列かつ独立して語られ、その各部分の均整のうえに全体が整理統合された物語として描かれるように(E・シュタイガー『詩学の根本概念』)。『タランチュラ』はだから、かれのヒット・ソングのごとくどこから読んでもそれぞれ独立して鑑賞できるはずだ。