韓国総選挙で与党が大敗したことで、2年を切った残り任期の政権運営が厳しくなった朴槿恵大統領。その妹、朴槿令氏(61)に話を聞くことができた。彼女は韓国国内では姉の朴槿恵大統領との不仲で知られており、昨年は「日本に謝罪を要求し続けるのは不当だ」と発言し、話題を呼んだ。ところがいま、彼女は意外にも姉に同情的だった。
会談に臨む安倍首相と韓国の朴槿恵大統領=9月7日、ラオス・ビエンチャン(代表撮影・共同)
会談に臨む安倍首相と韓国の朴槿恵大統領=9月7日、ラオス・ビエンチャン(代表撮影・共同)
「大統領(朴槿恵)が歴史認識問題を掲げ続けてしまったことで日本との距離ができてしまい、反日的と見られていることは知っていますが、彼女は本来、反日などではありません。

 父の朴正熙が生前話していた、『これからはアジアが世界の新たな主人公となるはずだ。そのために、日韓は手をつながなければならず、韓国社会でそうした情緒を育んでいかなければならない』という言葉を胸に刻み、1980年代はじめに日本を訪問したときにも各界の要人にその言葉を伝えたそうです。

 むしろ今回勝利した韓国の野党のほうが、反日的な親北朝鮮勢力が強いのが特徴です。親北勢力は日本との友好な関係を断ち切ろうとしています。中国でさえ北朝鮮と距離を置くなか、韓国社会はその流れに逆行する反応を総選挙で示してしまいました」

 彼女によれば、姉もまた、そうした親北勢力に脅かされているのだという。

「大統領が慰安婦問題を取り上げたのは彼女自身が女性であることを意識していたからだと思いますが、日本との関係が悪化してしまった背景には、慰安婦問題に関わる政府機関のなかにも左翼的な親北朝鮮勢力がいたことも大きい。私が韓国で天皇のことを『日王』と呼ぶのはおかしいと言うだけでメディアでも叩かれてしまうのも、韓国のメディアや社会が左傾化したから。

 本来、韓国経済は日本からの技術と資本によって成長し、日本からの輸入が途絶えれば数か月後には立ちゆかなくなるにもかかわらず、韓国のなかでは日本の重要性が見えなくなってしまっているのです」

 朴槿令氏は、今回の総選挙に小政党から出馬し、惜しくも落選した。政界進出を目指し始めた妹は近い将来、姉と連携することも視野に入れているのだろうか。

●取材/平井敏晴

関連記事