松本博文(将棋ライター)

 将棋界では現在、大変な騒動が起こっています。

 ことの発端は、実力上位の有名棋士である三浦弘行九段が、将棋ソフトを参考にして公式戦の対局を指したのではないか。つまり、「カンニング」をしていたのではないか、と疑われたことにあります。
「第2回電王戦」第5局で、将棋ソフト「GPS将棋」との対戦後会見する、敗れた三浦弘行八段(当時、左から2人目)=2013年4月20日、東京都渋谷区の将棋会館(栗橋隆悦撮影)
「第2回電王戦」第5局で、将棋ソフト「GPS将棋」との対戦後会見する、敗れた三浦弘行八段(当時、左から2人目)=2013年4月20日、東京都渋谷区の将棋会館(栗橋隆悦撮影)
 三浦九段はもともと、実力のある棋士でした。1996年には、当時七冠を独占して将棋界のスーパーヒーローであった羽生善治に五番勝負で勝ち、「棋聖」のタイトルを得たこともあります。以来20年にわたって、将棋界の第一線で活躍し続けてきました。

 しかしここ最近、複数の棋士からは、

「三浦九段は対局中、不自然に長い時間席を離れることが多くなった」
「三浦九段っぽくない指し手が多くなり、調べてみるとコンピュータ将棋ソフトの指し手と一致していた」
「状況から考えて、三浦九段はスマホを使って、隠れて不正をしているのではないか?」

 という疑念を抱かれてしまいました。

 そうした傍証だけを強調されてみれば、なるほど怪しく見えなくもない。しかし、三浦九段が不正をしている現場を誰かに目撃されたり、何か決定的な物的証拠が押さえられたわけではないようです。

 ともかく将棋連盟の理事会(執行部)は難しい対応を迫られました。細かい背景や経緯はここでは省略しますが、執行部側は三浦九段に対して年内の出場停止という処分を降しました。

 三浦九段は、将棋界最高の優勝賞金額(4320万円)を誇る竜王戦のトーナメントを勝ち抜いて、七番勝負で渡辺明竜王に挑戦することが決まっていましたが、その権利も失ったのです。

 何よりも現状、三浦九段の名誉は大きく傷つけられています。そして同時に、将棋界全体に対する信頼も、大きく揺らいでいます。

 三浦九段は本当に「カンニング」をしていたのか。三浦九段が「クロ」にせよ、「シロ」にせよ、執行部側の対応は適正だったのか。将棋界ではいま、主にこの2点をめぐって、大きな議論が起こっているのです。

 不正疑惑に端を発する一連の件が、どのような決着を見せるのか。おそらくは現在のところ、誰にも見通せていないようです。残念ながら、ファンは正確な情報も伝えられず、驚き、あきれ、悲しみながら事態の推移を見守っている、という状況に陥っています。