松原仁(公立はこだて未来大学教授


 いま世の中を騒がせている将棋におけるスマホのカンニング問題について考えてみたい。なお、現時点では被疑者はシロと主張していて一部の関係者は限りなくクロに近いと主張していて、シロクロはわからない。以下の議論はこの問題のシロクロには関係ないという前提で進めたい(羽生善治氏が述べたように「疑わしきは罰せず」が大原則と考える)。
「第84期棋聖戦」第4局大盤解説会の三浦弘行八段(当時)=2013年7月17日、新潟市岩室温泉の高島屋(瀧誠四郎撮影)
「第84期棋聖戦」第4局大盤解説会の三浦弘行八段(当時)=2013年7月17日、新潟市岩室温泉の高島屋(瀧誠四郎撮影)
 確認しておきたいことは、コンピュータ将棋の能力はすでにプロ棋士を含めた人間を超えているということである。このことは最近のさまざまなデータが証明している。最近のプロ棋士とコンピュータの対戦はコンピュータの性能に一定の制限が設けられている。

 そのような制限があってもコンピュータの方が強い(強いというのは全勝するという意味ではなく、勝ち越すという意味である)。性能が高いコンピュータを使えばさらに強くなる。将棋の言い方をするなら香1枚、角1枚は強くなる。制限なしであればコンピュータが人間よりも圧倒的に強いのは明らかである。

 トッププロ棋士であればまだ勝てるかもしれないという期待を抱いてはいけない。1勝は挙げることはできるかもしれないが、制限のないコンピュータ相手に勝ち越すことは不可能と言える。将棋関係者にとってはつらいことであろうが、この事実をまず認めなければいけない。いい勝負が演出できるとすれば、それはコンピュータの性能の制限を強くした場合に限られるということである。
 
 このようにコンピュータ将棋が強くなったのはなぜであろうか。2000年代半ばに保木邦仁(現・電気通信大学准教授)が「ボナンザ」というプログラムに将棋で初めて機械学習を取り入れた。プロ棋士の大量(数万局以上)の棋譜から盤面の評価を行う関数をコンピュータが自動的に学習するようにしたのである。その「ボナンザ」がコンピュータ将棋で最強になったことから、他の人たちもこぞって機械学習の手法(ボナンザメソッドと呼ばれる)を取り入れて、それ以降プロ棋士のレベルまで強くなった。