茂木健一郎(脳科学者)

 将棋界に、激震が走っている。しかも、この「活断層」は、これからもますますその亀裂を広げ、棋士たちの内面を脅かしそうだ。

 将棋界最高額の賞金がかかった「竜王戦」で、挑戦者の方が直前に変更になった「事件」は、それくらいの衝撃であった。スマートフォンを通してプログラムの指し手を「カンニング」していたのではないかという疑惑が生まれたのである。

 疑惑の発覚の仕方も、いかにも現代的であった。最近の将棋の対局はネット中継されることも多く、席を立つ回数があまりにも多いことが、ファンによって指摘された。また、指し手が、特定のプログラムの指し手とあまりにも高い確率で一致すること、などの状況証拠などから、「黒」の心象を持つ人が多かったようだ。

「第2回将棋電王戦」最終第5局 将棋ソフト「GPS将棋」と対局する三浦弘行八段(左)。三浦八段は中盤以降にリードを奪われ、そのまま押し切られ敗北した=2013年4月20日、東京都渋谷区の将棋会館
「第2回将棋電王戦」最終第5局 将棋ソフト「GPS将棋」と対局する三浦弘行八段(左)。三浦八段は中盤以降にリードを奪われ、そのまま押し切られ敗北した=2013年4月20日、東京都渋谷区の将棋会館
 ご本人は否定されており、私も、一将棋ファンとしてそのお言葉を信じたい。しかし、事態の深刻さの本質は、この案件が「白」なのか、それとも「黒」なのかということを超えたところにあるように思う。

 現在、将棋界では、来年に開催される人間対将棋ソフトの対決(「電王戦」)に向けて、人間側の挑戦者を決める「叡王戦」が行われている。「人間界最強」の羽生善治さんも出場されているので話題になっているが、来年、もし羽生さんと将棋ソフトの対決が実現すれば、歴史的事件になることだろう。

 羽生さんにはぜひ将棋ソフトとの対決で勝って欲しいと願っているが、こんな話もある。

 将棋ソフトや、棋士たちの実力を客観的に評価する「レーティング」という数字があるのだが、この数値から推定すると、現在最強の将棋ソフトと羽生さんが対決した場合、現時点ですでに、羽生さんの勝率は1%以下だというのである。

 もちろん、このような統計的な推定にはさまざまな前提や不確定要素があるので一概には言えないが、いずれにせよ衝撃的な事態である。

 このようなさまざまな状況から、今回の竜王戦の事件が発覚する前から、すでに、将棋の棋士たちの内面には、深刻な危機が訪れていたのだと、私は推定する。