倉山満(憲政史家)



 国体は護持された。

 我々日本国民は、今こそ高らかに勝利を宣言するべきだ。


 昭和20年8月15日。

 この日は終戦なのではない。だから、占領期は戦後ではない。占領期は戦争継続中であり、占領行為とは戦争行為にほかならない。

 占領軍は、徹底的に日本弱体化政策を行った。その中心が、憲法である。

 日本国憲法の原本(国立公文書館蔵)
 日本国憲法の原本(国立公文書館蔵)
 そもそも、憲法とは何か。その国の歴史文化伝統そのもの、すなわち国体である。憲法典とは、国家経営のための確認として国体を成文化した法典にほかならない。

 大日本帝国憲法は、占領軍により徹底的に破壊され、悪魔化され、打ち捨てられた。何のためか。それだけでなく、それまでの日本の伝統や文化を徹底的に貶め、歴史の断絶を図った。

 言うまでもなく、我が国の国体を破壊するためである。

 では、我が国の国体とは何か。

 皇室と国民の絆である。

 戦前憲法学の泰斗である佐々木惣一先生から語り継がれている教えがある。
 
「皇室と国民の絆が切れた時、国民が皇室を見捨てた時、日本は日本ではなくなる」

 あの忌まわしき敗戦の日から70年間、日本を愛する人々は負けっぱなしだった。あの日から今に至るまで、我が国は敗戦体制を抜け出せていない。日本を滅ぼしたい勢力、皇室を亡きものにしたい勢力にやられっぱなしだった。

 しかし、皇室と日本国民の絆は切られていない。